神奈川スタンプラリーFINALライド(Part18)

自転車紀行
この記事は約5分で読めます。

長かった「いざ、神奈川!デジタルラリー」もとうとうラストとなりました。

今回は鎌倉殿の13人でも重要な役割となっている三浦義村の墓を訪ねたりと気になるスポットがいくつかあります。

今回はロードバイク1号機にて下記ルートで行ってきました。
https://www.strava.com/activities/8230618722
https://ridewithgps.com/trips/109173973

走行ルート

昼食を探して

まずは地元に近い金沢区でスタンプしていますが、住宅地の奥まった部分なのですがこの細い通路は何度か通っています。

ここを抜けると便利なためかたびたび選ばれる

まずは神奈川県立金沢文庫に到着しました。

神奈川県立金沢文庫
ここもスタンプポイントです

ここは北条実時の邸宅内に作った武士の文庫があった場所です。

私としては学生時代に夏休みの宿題を作り上げるために訪れて以来になるので何年ぶりでしょうか?

ところで次のポイントはこのすぐ裏手にあるのですが、そこへ抜けられる秘密の抜け道があります。

金沢文庫裏のトンネル
あまり知られていないトンネル

秘密といっても立派なトンネルなんですけどね。

トンネルを抜けた先にあるのが称名寺です。

称名寺

ここは北条氏一門の菩提寺となっているところで、赤い太鼓橋がとても印象的な場所です。

すぐ裏にある小山のミニハイキングコースもなかなか良いですよ。

追浜おっぱま駅前の国道までやってきましたが、このあたりは駐車車両が多くて危険なので油断できません。

追浜駅近くの16号線
以前住んでいた元地元です

冷静にみると特に道幅が狭くなっているわけでもないのですが、トンネル内だとなぜか危険を感じて一刻も早く脱出しなくてはと急いでしまいます。

住宅地の中の白い家の横にひっそりと石碑が見えてきました。

家の方がベランダにいたので、写真撮るのにちょっと気をつかいました

こんな狭い所に史跡があります。

薬王寺旧跡

ここには和田義盛が創建した薬王寺があった場所で、今は三浦義澄の墓が残されているのみです。

三浦義澄の墓

ちょっと時間が早いのですが、キャンペーン中のかつやまで行ってみたのですがすでに入店待ち行列ができていました。

キャンペーンだとあんなに混むんですね!

早めに到着すれば大丈夫だろうと思っていましたが甘かったですね。

あきらめて別な場所を考えていたところ、ちょうどよい所が現れました。

元気パン入口

ここは元気パンというパン屋さんです。

元気パン
2階が入口

パンの種類が豊富で揚げパンなどは出来立てを提供してくれるようです。

元気パンの店内
わりと空いていました

販売エリアの奥にイートインスペースがあったようですが、気がつかずにドッグランスペースで昼食をとりました。

元気パンのドッグランスペース

ドッグランスペースと言っても遊具やテーブルもあったりしてどちらかといえば休憩所ですね。

三浦義村の墓

海岸通りからソレイユの丘に行くときによく使う抜け道に入りました。

すると入ってすぐに史跡があって、以前から何なんだろうと気になっていました。

和田義盛旧里碑
神社かと思っていました

ここは和田義盛旧里碑と言い、義盛の活躍を偲んで建てられた碑とのことです。

さらにそこから少し奥に和田城址の碑があります。

和田城址の碑

ここには三浦一族の食料を管理するための館があったそうです。

この碑は道端にひっそりと建てられているので、何度も前を通っていますが気がつきませんでした。

三浦半島までは長めの上り坂があるんですが、この日は渋滞が激しくて自転車だと優越感がありましたね。

海岸脇の階段に消えそうな文字で三浦義村の墓と書かれています。

三浦義村の墓入口
知らないと墓どこだよと思ってしまいそう

上っていくとそこには三浦義村の墓と小さな神社がありました。

三浦義村の墓
瓦で囲まれた墓は珍しい

こんなわかりにくいところに義村の墓があったんですね。

ラストポイント

以前、油壷マリンパークがあった場所の手前の小道を入っていきます。

すると道の脇に新井城跡の看板が現れますが、堀らしきものがあるだけで城の面影はありません。

新井城跡
ここでは写真映えしませんね

ちなみにスタンプラリーではこの場所の写真では見栄えが悪かったのか、その先の油壷湾の説明碑の写真が使われていました。

油壷湾の説明碑
地図上でどちらが目的地か迷いました

折角なので油壷マリンパークの跡地がどうなっているのか見に行ってみると、

油壷マリンパーク跡のキャンプ場

キャンプ場になっていました(そう言えばテレビで見た記憶が…)。

あとは帰路につきながら最終スタンプポイントへ向かうだけなんですが、折角なので新たに見つけた裏道を通ってみました。

油壷の住宅地

古くからある住宅地の生活道路で、ここを通る理由はなにもないのですが楽しいものです。

三浦の海岸線でサイクリンググループがいましたが、ちょっと車間が広かったので抜き去るのにパワーが必要でした。

前の自動車に必死について行った

最後のポイント近くまでやってきましたが、ここでは試練が待ち構えています。

神武寺への激坂
出だしからとんでもない傾斜

超激坂がしばらく続くため、真っすぐ走ることをあきらめ左右に蛇行して進みました。

神武寺への激坂
ずっとこの傾斜ですよ

それでもギリギリ上りきったところ、観光中の外人さんに驚かれました。

最後のスタンプポイントは苔むした階段のうえにある神武寺です。

神武寺
ここには広葉樹林スタンプラリーで1度訪れています

激坂から解放された喜びと、長いスタンプラリーが終わった寂しさとで複雑な心境でした。

神武寺の紅葉

そしてコンプリート認証を受けました。

いざ、神奈川!デジタルラリーのコンプリート認定書
どうやら19番目だったようです

全18回と長かったスタンプラリーが終了しました。

オーバルチェーンリング

途中、人生初の落車で血だらけになったりと大変なこともありましたが、鎌倉時代の歴史を深く知ることができました。

おかげで鎌倉殿の13人を何か体験しているような感覚で見ることができたのも良かったことですね。

コメント

  1. 匿名 より:

    フルコンプおめでとうございます。
    認定証にはネームが入るのですねっ、カッコイイ。
    私も、本日フルコン目指します。

タイトルとURLをコピーしました