紅葉もとめて箱根ライド(神奈川スタンプラリーPart14)

自転車紀行
この記事は約4分で読めます。

徐々に紅葉が進んできた中で箱根の紅葉が見ごろとの事で急遽行ってみることにしました。

もちろん同時に、いざ神奈川デジタルラリーも行ってきました。

今回はロードバイク2号機にて、下記ルートで行ってきました。
https://www.strava.com/activities/8130026248
https://ridewithgps.com/trips/107970249

走行ルート
途中でGPS位置情報が止まったのでピンク色で追記

箱根駅伝コースの紅葉

サイコンの爪の修理が終わり久々にサイコンが復活しました。

新たな爪の影響で取り付け位置が左気味に

今日は微妙に身体の切れがないため無理せず箱根にそなえました。

湘南海岸線(134号線)

大磯駅近くで渋滞していたので前まで行ってみたところ工事による片側通行となっていました。

大磯駅近く

おとなしく順番を待っていると警備員がこちらに気づいて、自転車なら端を行っていいよと合図してくれました o( ^_^ )o

海岸線は抑えて走っていたのですが、このままだと帰りが暗くなりそうなのでこのあたりで平均速度を35km/hにあげて箱根に向かいました。

走っているうちにいくらか体調がよくなってきた

箱根の上り口ですぐに最初のスタンプポイントに到着です。

長興山紹太寺入口

ここはしだれ桜が有名で訪れたこともある長興山紹太寺です。

長興山紹太寺
しだれ桜はもっと上まで登ったところにあります

スタンプをゲットして箱根を上り始めると、平日にもかかわらず渋滞が発生していました。

箱根上り口
平日なのになぜ渋滞?

私と同じように皆さん紅葉目当てなのでしょうか?

普段は避けている箱根湯本駅前を通ったのですが、路上駐車が多くて走りにくいですね。

箱根湯本駅前

何とか渋滞区間を抜けたところで、左手に色づいたものが見えました。

下りも渋滞してますね

こういう時に気楽に停まって観賞できるのがチャリの良いところです。

箱根の川と紅葉

次は吊り橋に立ち寄ってみることにしました。

箱根の吊り橋

ここもまずまずの紅葉ですね。

箱根の吊り橋から見える紅葉

なにげない場所ですが、よく見てみるとそれなりに色づいていて綺麗なものです。

箱根駅伝コースの紅葉

1号線の最高地点へ

箱根駅伝コースの途中であえて裏道に入ってみました。

わかっていてもやはりキツイ

裏道の方がきついのは分かっていたのですが、隠れた紅葉があるのではと頑張ってみました。

ところがそのようなものは見つからず、ただただキツくて汗だくとなってしまいました。

駅伝コースに戻って上っていくと、右手の山が色づいているのに気がつきました。

ここはいい感じに発色していますね。

箱根の紅葉
こういうところを探していました

どうやらこのあたりの標高がちょうど紅葉ざかりのようです。

箱根の紅葉

それならばと小涌園にある蓬莱園ほうらいえんに立ち寄ってみることにしました。

蓬莱園

ホテル小涌園が終了したことにより立ち入りできる場所が半分になってしまったようです。

蓬莱園の案内図

園内にはところどころで紅葉していますね。

蓬莱園の紅葉

ただ公園の外周のほうが紅葉が綺麗でした。

蓬莱園周辺の紅葉

さぁ、相当上ってきたので目の前の坂が最後の上りです。

長かったですが、やっとのことで国道1号最高地点に到着しました。

国道1号最高地点
そう言えば先月もここに来たよね

まだ間に合った仙石原のススキ

芦ノ湖周りにやってきましたが、いつもの紅葉スポットはすでにピークを過ぎていました。

箱根の小田急山のホテル近くの紅葉
ピーク時はとてもきれいな場所

それでも秋の雰囲気が感じられる箱根九頭龍の森セラピーロードの様子を少しだけ動画にてご覧ください。

しばらく走っていると右手に赤いものが見えてきました。

南温泉荘バス停にある石碑?から1本のもみじが赤く染まっていました。

南温泉荘バス停で紅葉したもみじ

そして全く期待していなかった仙石原のススキがまだ一面に残っていました。

仙石原のススキ
ふわっふわの絨毯のようでした

これは予想外でちょっと嬉しかったですね。

ただその後は急に空が暗くなってきて、紅葉を楽しんでいられない寒さになったので急いで山を下りました。

明るければところどころに紅葉があったのですが・・・

江の島近くまで戻ってきたころには暗くなってきたため、あわててライトの準備を行いました。

するとあっという間に暗くなって、「秋の日は釣瓶つるべ落とし」とはよく言ったものだと実感してしまいました。

ロードバイク用の交換用のギア歯です

紅葉探しのライドって楽しいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました