小型ボトル用ケージを改めて加工

自転車用品
この記事は約1分で読めます。

以前にも2度ほど市販のボトルケージ小型ボトル用に加工して使っていたのですが、ちょっと問題があり改めて別なものを加工することにしました。

2回目の状態がこれなんですが、

小型ボトルとボトルケージ

可変させる部分のネジが錆びついてきました。

錆びたネジ

そこで新たに購入したのがこちらです。

新たなボトルケージ

ただこれは通常ボトル用のケージなので、そのままでは小型ボトルには適合しません。

小型ボトルと通常サイズのボトルの比較
ガバガバです

このケージはカーボンではなく、あえてアルミ製のものを選んでいるためハンドパワーで加工ができます。

ボトルケージの加工作業
キャップのカーブを使い曲げている

できるだけボトルに沿うように曲げてみました。

加工したボトルケージ

なかなか良い感じにフィットしてくれたのですが、実際に使ってみると抜き取るときはよいのですが、差し込むときにノールックで行おうとすると少し引っ掛かり手間取ります。

そこでV字の部分の上側だけをわずかに広げるように調整しました。

小型ボトルと加工したボトルケージ

まずまずの使いやすさで使用できるようになりました。

今回は錆の心配もありませんし、状態がよければ2号機バイクにも同じものを付けようかと思っています(2号機には現在通常ボトル使用)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました