防寒装備についてあらためて考えてみました(ちょいネタ)

自転車用品
この記事は約2分で読めます。

今年は関東でも雪が降ったりと寒かったりしますが、寒さとは関係なくコロナ禍なので人通りが多い場所では走行中もマスクをするようにしています。

マスクと言っても防御能力よりは呼吸が苦しくならないように、モンベルのWIC.クール フィールドマスクを使っています。

モンベルのWIC.クール フィールドマスク
三角巾のようなものです

使ってみると薄いながらも冬の寒い日にはいくらかの防寒になり、顔のツラさが軽減されることがわかりました。

寒さに強い方なので何とかなっていたのですが、使ってみればとても有効です。

特に峠の下りなどでは有る・無しで身体の冷え具合が結構違ってきます。

そこで折角なら走行開始時の寒さを軽減するためにも、もう少し厚みがあって首筋を覆うことができるものを探してみることにしました。

いつもようにアリーをのぞいてみたところ、下記を見つけました。

ネックウォーマー

いわゆるネックウォーマーなんですが、防寒よりも通気性(呼吸)を重視している品です。

ところでネックウォーマーの他にネックゲーターとの呼び名がありますが、私はいままで違うものだと思っていました(同じものなんですね!)。

さて、これがあればだいぶ暖かくすごせると思ったのですが、他にも耳が冷たいことを思い出しました。

耳なので耳当てイヤーウォーマーも考えたのですが、冬はヘルメットの下にサイクルキャップも被っているので、あわせて下記にすればよいのではと思いました。

サイクリングキャップ

この品は口コミを読んでみると「あまり暖かくない」や「風が抜ける」などネガティブなものがありましたが、私にとってはピッタリです。

あまりに防風保温性が強いと少し真面目に走っただけで暑くて使い物にならなくなります。

それよりは少し寒いかなという方が、一日中使っていられる可能性があるからです。

なかなか良いもの2つを見つけられたので注文しようかとしたのですが、結局のところ保留となりました。

だってアリーエクスプレスだと今から注文しても1か月以上かかるので、必要なくなっている可能性が高いですからね。

来期の早い時期に注文したいと思います。

コメント

  1. kueharaaz より:

    いつも楽しく拝見しています。
    ワークマンでバラクラバを見つけて愛用しています。これ
    https://workman.jp/shop/g/g2300017373011/
    は厚手ですが、薄い生地のものもあり、気温5度くらいであれば十分それで対応できています。下は鼻まで覆えるようになっているのでマスク替わりにもなっています。何より安い。

    • CycleTV より:

      情報ありがとうございます。私もワークマンたまにのぞいています。リンクのような被るタイプのものも検討したんですけど、すぐに暑くなってしまいそうで選ばなかったんですよね。ブログ内で紹介したネックウォーマーでさえ、身体が温まったら外してしまうんだろうなと予想しています。

タイトルとURLをコピーしました