花、花、花とアップダウン

自転車紀行
この記事は約6分で読めます。

桜が散り始めてしばらく花は無いかなぁと思っていたところ、早くもチューリップに関する情報が届きました。

さらに近い地域でしだれ桜が満開とのことでしたので、これは合わせ技で行ってみることにしました。

今回はロードバイク1号機で出動しますが、おそらくこの後オーバーホールをするため作業前最後のライドでしょう。
https://www.strava.com/activities/6939717060
https://ridewithgps.com/trips/86464521

走行ルート

桜、桜、桜

今日は珍しくここで右折しようかと思ったのですが、赤信号のうちに横断歩道までたどり着けず断念。

しかしながらすぐ先の信号につかまってしまったのでUターンして戻りました。

う~ん、結局待っていたのとどちらが早かったのだろうか・・・

確かこの先のトンネルは自転車通行不可となっていたはずだったのですが、久々に行ってみると標識が無くなっています。

以前にはなかった自転車ナビラインがあったりとルールが変わったようです。

もともと短いトンネルでそれほど危険性もなかったのに、なぜか自転車通行不可なのが不思議だったんですよね。

いつもの裏道入ってみると桜がまだ残っていて、ギリ観賞に耐えられるレベルでした。

道端の桜

いや、そこそこ良かったですよ。

自転車で危険なのはおばちゃんですが、学生も同じように危ないかな。

追い越しをかけている時にいきなり確認もしないで右折しようとするから困ったものです。

さらに気がついて慌てて左に戻ろうとしたけど、遅い!反応が遅すぎる

もうそのころにはこちらが反応して左隣に避けていたんだから下手に動かないで欲しいものだよ、まったく ゛(`ヘ´#)


もうすっかり春の陽気だと思っていましたが、富士山はまだ冬化粧のままでした。

相模川からの富士山

いつもの裏道を軽快に進んで行くと、前方にピンクの桜と思われる木々が現れました。

妙覚寺の桜
妙覺寺の駐車場の桜です

やはりです。

それも今まさに満開となっていて、他の地域より遅れているようでした。

しばらく走った別な川沿いでも桜が満開となっています。

川岸の桜
花吹雪がすごかった

この地域は涼しいのだろうか、遅れて咲いているようです。

さらに民家の庭先に咲いている桜の木がこの日一番大きかったですね。

庭先の大きな桜
あまりに見事で立ち止まってしまいました

チューリップとしだれ桜

秦野駅近くの水無川で昼食をとったのですが、ここも桜がある程度残っていました。

水無川ぞいの桜
ぽかぽかでしたよ

暖かくて気持ちよく、動きたくなくなってしまいました。

しかしながらいつまでも休んでいると時間が無くなるので、川沿いを上って行きます。

水無川ぞいのしだれ桜

すると先ほどまではソメイヨシノでしたが、途中からしだれ桜に変わっていきました。

ここにしだれ桜があることは知っていましたが、満開に近い状態を見るのはこれが初めてです。

目的の公園までは長い坂を上って行くのですが、ここでもが迎えてくれるので少し辛さが軽減されました。

秦野戸川公園の桜

そうしてたどり着いたのが秦野戸川公園なんですが、

この先の入り口までは行かずに右手の垣根の端に駐輪させてもらいました。

なぜなら、チューリップ畑がその奥にあるからです。

秦野戸川公園のチューリップ
見ごろは今週末かも

毎年デザインを変えて植えられているので、たびたび訪れても違う感動があります。

さらにこの時期は菜の花も咲いていますので、チューリップ菜の花、さらにはも見ることができます。

秦野戸川公園のチューリップと菜の花

チューリップを堪能したら次の場所へ向かいましたが、谷を挟むのが少しやっかいです。

距離はそれほど離れていないのですが、一旦下ることになるためその分だけ上りなおさなければなりません。

それも先ほどの公園よりも高いところまで行かなければならないので上りが長い。

それでも別なルートの激坂を知っているためか、そこよりはマシだと思うと気分的には楽なのが不思議なものです。

松田町のやどりき地区までやってきましたが、茶畑があることはあまり知られていませんね。

寄の茶畑

さらに林道を進んで行くと、斜面のあちこちにしだれ桜が咲いています。

寄のしだれ桜
ちょっと桃源郷のイメージみたい

ここの展望台から見る景色はいつみても良いものです。

寄展望台からの眺望

川沿いから桜道まで

高台から下に見える川沿いに出ました。

松田町の中津川沿い

もちろんチャリが走れるような道ではないので、押し歩きで進んで行きます。

すると10mほどですが、泥だらけで足の踏み場もない場所が現れました。

松田町の中津川ぞい
右端もぬかるんでいて歩けません

ここを抜けなくては寄りたい場所に行けません。

しかたなく端にある細い枝や石ころつたって、バイクを担ぎシューズを汚さず通過することができました。

ドラ
ドラ

ぐらぐらして危なかったニャ~

頑張ったこともあり、目的地のしだれ桜であふれる場所にたどり着きました。

寄のしだれ桜並木
これを見に来たんですよ!

素晴らしい景色に目移りしながら歩いていると、前方から年配者のグループが歩いてきました。

松田町の中津川ぞい

私と同じようにしだれ桜を見に来たのでしょう。

会釈をかわしてすれ違ってから、ふと心配になりました。

もし先まで歩こうとしているなら、あの泥だらけの区間はどうするのでしょう。

その後もしだれ桜はしばらく続いて、最後まで楽しめる散策路でした。

寄のしだれ桜並木

さて、帰路に向かって坂道を下っていくと左折場所を通り過ぎてしまい慌ててUターンを行いました。

その時に急いでインナーに切り替えたので、久々にチェーン落ちしてしまいました。

できるだけオイルに触れないようにしましたが、やはりいくらか指先にオイルが付着してしまいました。

ハンカチを汚したくなかったので、近くの雑草に犠牲になってもらいました。

雑草さんありがとう

何とか予定した道に戻ってみると、なかなか良い裏道が発見できました。

しばらくすると高速道の側道にでたのですが、斜面含めて真新しい道が出来ていました。

新東名高速の側道
急に人工物に囲まれて

その先では新東名高速道路のインターチェンジがいきなり目の前に現れました。

新東名高速インターチェンジ

山間にこんなものが急に現れると驚かされます。

抜け道ももう少しというところでこれはキツい。

はだの桜みちへ出ましたが、やはりここの桜もまだ咲いていました。

はだの桜みち

それにしても前のチャリおじさん、たびたび右側にふくらみながら走っているので後ろの自動車が迷惑そう。

この手の困ったちゃんはどうしたらよいものやら。

ロードバイク用の交換用のギア歯です

今回はそれほど無理した走りをしていなかったのですが、帰宅後は筋肉痛が激しくてしばらく動けず。

回復が早くて筋肉痛が一気に出たと肯定的にみるべきか、身体が負荷に耐えられなくなったとみるべきか微妙なところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました