レッグウォーマーやアームウォーマーがずれる時の対処法

自転車用品
この記事は約2分で読めます。

最近急に寒くなってきましたね。

しかしながら真冬装備にはまだ早いのでレッグウォーマーアームウォーマーで対応する人も多いと思いますが、使っていてずれてくることありませんか?

アームウォーマー(カバー)のずれ落ち
走行中にたるんでくるとうっとうしいんですよ

上の写真はアームカバー(ウォーマーとは厚みが違う)なんですが、私は夏場からこの時期でもずっと使っているのですが、涼しくなってくるとずれてくるんですよ。

夏場には起きないのにこの時期になると起こりやすくなるのですが、何故だかわかりますか?

夏場は自分の皮脂によって肌表面が潤っているため、これらを装着した時の滑り止めになってくれています。

ところが涼しくなってくると肌の表面が乾燥するため簡単にずれ落ちてきてしまいます。

もちろん走りだして発汗している間は大丈夫なのですが、走り始めや休憩後などに問題となります。

そこで対処法なのですが、レッグウォーマーやアームウォーマー上側の滑り止めがついた部分に当たる皮膚に、クリーム類を塗ってあげるだけでこれらを防ぐことができます(ハンドクリームでも乳液でも油分が含まれていれば何でも良い)。

レッグウォーマーのずれ落ち防止
このくらいの量で十分

私はこの方法を行うようになってからずれ落ちる事は無くなりました。

レッグウォーマー等がずれてしまって困っていた人は試してみてください。

もちろんサイズが合わずにゆるゆるだったりしたらこの方法でも無理ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました