防寒グローブもとめてショップ巡り

自転車紀行
この記事は約4分で読めます。

先日インナーグローブを手に入れたことはお伝えしましたが、そもそも防寒グローブ自体を見直した方がいいのではと考えました。

そこで冬のセールなどを観察しに行きつつ、防寒グローブを調査しに行ってみることにしました。

今回はロードバイク1号機にて、下記ルートで行ってきました。
https://www.strava.com/activities/10460633520
https://ridewithgps.com/trips/142214778

走行ルート

ワールドポーターズへ

年末に出かけたのですが思いのほか暖かく、長い上りだと少し汗ばむほどでした。

この先直進したいのですが左折レーンからの直進が難しい交差点なんですよ。

戸塚駅近くの交差点

さらにバスがいてタイミングによっては交差点の先で居場所が無くなりそうでした。


それでも無事にコギー戸塚店に到着しました。

コギー戸塚店

ここはもともと予定していなかったのですが、セールで掘り出し物があるショップなので寄ってみました(この日は無かった)。


予定外の寄り道だったため、元の道に戻るルートで悩みました。

このまま直進して先で戻るか、右折して戻るか。

信号待ちの間にちょっとズルして反対側の歩道に移り右折することにしました(バスについて行きたくなかった)。

ところが先の交差点が歩車分離信号で思いのほか待たされたため迷いが生じてしまいました。

結局直進路に戻ることにしました。


少し前のスタンプラリーで史跡の立札があった場所ですが、交差点名にもなっていました。

江戸見附前信号

狭くてよけにくい道に入ったので、ペースをあげて前の車に遅れないよう頑張りました。

わかってはいたのですが、イメージより厳しい坂がせまってきました。

特に最後の部分がえげつない角度でした。

上り切ったらすぐ下ってしまうため、「無駄な上りやめてくれ~」とつぶやいてしまいました。

左折待ちしているトラックが出すぎでしょう!もう~

環状2号線
危ないのでビシビシ取り締まってほしい

ワイズロード横浜店

横浜みなとみらいのワールドポーターズに到着しました。

ワールドポーターズ

たしか入口はファミマの隣でしたが、外装工事中でわかりにくい。

ワールドポーターズのファミマ横の入口

たしかここのはずなんだけど、自転車押したままなので一旦躊躇ちゅうちょしてしまいました。

ワールドポーターズのファミマ横の入口

以前はこの入口に自転車のまま入れると書いてあったような・・・


無事に入って専用エレベーターに乗っています(エレベーター内ではバイクを上に向けて乗せる)。

ワイズロード横構へのエレベーター内

エレベーター出口正面がワイズロード横浜ワールドポーターズ店です。

ワイズロード横浜入口

右手に行くとサイクルラックが用意されています。

ワイズロード横浜のサイクルラック

ちなみにロードバイクで来たのは初めてなので、この場所に駐輪するのも初めてです。


さっそくお目当てのグローブコーナーに行ってみました。

ワイズロード横浜のグローブコーナー
シマノ、パールイズミ、カステリ他

いろいろと試着してみたのですが、悩むところです。


ワイズロードオリジナルグローブもあり品質は良さそうでしたが、価格的にパールイズミと同じくらいだったんですよ(もっとお得感あるのかと思ってました)。

ワイズロードオリジナルグローブ

グローブを探しにグローブへ

横浜マリンタワーなど見ながら海岸線で帰路に向かいました。

横浜マリンタワー横の道

この先直線方向に行きたいのですが二段階右折でも困難そうな状況でした。

そこで後方の信号が赤になったところで、二車線横断して最後尾自動車のうしろにくっつきました。

道を知らないと自転車で走ってよいのか不安になる道ですよね。

磯子駅裏の東京湾岸道路に出ましたが、見たことないほど渋滞していました。

磯子駅近くの東京湾岸道路

ここは自動車の流れが速いので心配だったのですが、今日は私が最速でした。


朝比奈の山を越えたら最後の目的地です。

朝比奈の山

グローブ鎌倉店に到着しました。

グローブ鎌倉店
グローブを探しにグローブにやってきた

KINETIXXASSOSのグローブを確認しにきました。

複数店まわってみてわかったことは、生地が薄めでも防寒性の高いグローブがあるようです(生地が厚いものは操作性が悪いので選択肢から除外しています)。

試着してみて確かに暖かそうなんですが、実際に外を走って試すことができないので確証がありません。

高性能なものは値段も高価なため、効果が不明瞭なまま買うことができませんでした。

今年は手に入れたインナーグローブで耐えることになりそうです。

自転車紀行
下記で最新情報をフォローしてね!
Cycle TV(サイクルTV)

コメント