フロントディレイラーの擦り音解消(ちょいネタ)

メンテナンス
この記事は約1分で読めます。

またもやロードバイク2号機についてなんですが、フロントディレイラーで擦り音がでるようになってしまいました。

フロントがアウターギアで、リヤが中間ギアあたりから擦れて音がし始めます。

もちろんフロントをアウタートリム位置に動かしてあげれば擦れは解消するのですが、中間ギアでいちいちトリム操作が必要では面倒で仕方ありません。

まずはFアウター、Rミドル(中間)でFガイドプレートとチェーンの位置を確認しました。

フロントディレイラーとチェーンの位置

数mm隙間が空いていますが、走行中だと振動によって左右にブレるためプレートに接触しているものと思われます。

そこでハイ側のリミット調整ボルトを回して、若干隙間が広がるように調整しました。

フロントディレイラーのリミット調整

リミット調整をしすぎるとトリムが動かなくなります(正しくはトリムが動く余地が無くなる)が、確認してみるときちんとトリムが動きましたのでこれで良しとしました。

本来ならマニュアルの手順通り順に調整すべきですが、そこまで大きなズレでないので簡易対応としました。

メンテナンス
下記で最新情報をフォローしてね!
Cycle TV(サイクルTV)

コメント

タイトルとURLをコピーしました