クロスバイクのブレーキ音鳴りの対処

メンテナンス
この記事は約2分で読めます。

最近は買い物が主な利用となってしまったクロスバイクなんですが、ブレーキから音が出るようになってしまいました。

そこで今回はクロスバイクの音鳴りを解決したいと思います。

もう9年ほど前のモデルなので当然のことながらVブレーキ仕様となっています。

RX3

まずは音の発生状況をチェックしてみました。

なかなか手動で再現するのが難しいのですが、一瞬高い音がしたのがわかっていただけたかと思います。

実際の走行ではキーとこの音が長く響き渡ります。

まずはリムの状態を確認してみました。

はい、おそらくこれが主原因でしょう!

油のようなものが主となって汚れていましたので、パーツクリーナーをつけたウエスでふき取ってみました。

すっかり綺麗になりました。

ちなみに油系でない場合はラバー砥石などで削ったりしますが、今回は必要なさそうです。

これで解決しそうですが、油で汚れている可能性のあるブレーキシューもせっかくなので掃除することにしました。

まずはシューの表面のよごれをウエスでふき取りします。

本来はブレーキシューを外して単体で清掃すべきですが、一体式シューなので取り外すと位置調整が面倒なので広げただけで清掃しました。

さらにヤスリにてゴム表面を削って、硬化した部分があっても改善するようにしました。

念のため、ブレーキシューの当たり角度も再調整してみました。

これで出来ることすべて行ったので、音鳴りは改善されたものと思います。

では最後にチェックを

ご覧のように全く音は出なくなりました。

翌日走行してみましたが音はもちろんのこと、ブレーキの効きについてもとても良好な状態になりました。

そうそう、音とは関係のない前輪についても同じように作業しましたよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました