春めき桜をもとめて南足柄市へ、そしてスタンプラリーも

自転車紀行
この記事は約5分で読めます。

河津桜も終わりに近づいたこの時期、続いて南足柄市で広がっている春めき桜の順番がやってきました。

ぞくぞくと満開の知らせが届いてきましたので、南足柄で行われているスタンプラリーしながら訪れてみることにしました。

今回のルートは下記の通りとなります。

走行ルート

穴場の桜

先日も工事していた裏道への入り口ですが、まだ工事が続いていました。

前回は諦めて正規ルートを進みましたが、今回は少し先で戻れるか試してみました。

予想通り歩行者レベルでは通行可能でした。

地震があった翌日のためかいたるところで白バイが走っていました。

しかしながら地震の事をすっかり忘れていた私は、春の交通安全運動かな?なんてのんきに考えていました。

今回坂道で少しだけペダルの踏み込みタイミングを早めてみたところ、回転の途切れが小さくなったためか思いのほか楽に上れました。

貴重な発見ではありますが、脚力を使う時間も長くなるためヒルクライムで有効かは試してみないとわからないところです。

最初の目的地に向かうのに、ふと思いつきで脇道に入ってみました。

この先にカートレース場があります

この道が通じていることは経験上知っているのですが、正規の道よりもこちらの方が上りが少なかった印象なので行ってみました。

以前は枝葉が多く落ちていたり、泥が出ていたりしたのですが綺麗になっていました。

ここを避けるようにしていましたがなかなか良くなったと喜んでいたところ、

ラスト100mは砂利道のままでした。

それも小石の突起が立っているタイプなので、走行できずに歩くしかありません。

さらに舗装路に出た後は、正規ルートと変わらないような上りが続いていました。

それも1段目の上りで終わらず、2段目の方がきついほどでした。

これなら正規ルートで向かったのと変わらない負荷です。

人間の記憶って時間が経つと都合の良いように改変されるものですね(都合悪い部分は忘れ気味)。

遠くにピンク色の一帯がみえてきました。

ここがおおいゆめの里となります。

ここは穴場の桜スポットなのですが、ちょっとばかりピークを過ぎてしまったようです。

おおいゆめの里の桜
それでも十分に綺麗でしたよ

フォロワーさんの情報ですでにピークを過ぎている予想はしていたのですが、せっかくなので寄ってみました。

スタンプラリー

次の目的地へ向かう途中でも春めき桜がところどころで咲いていました。

そして紫陽花でも有名なふくざわ公園に到着しました。

ふくざわ公園の春めき桜
春めき桜がこんなにあるなんて

ここも春めき桜が満開ですね。

とても綺麗でしたが目的は桜ではありません。

金太郎の里スタンプラリーに参加するためこの公園にやってきたのです。

スマホでの参加なのですが、読み込むQRコードがどこにあるのやらと見渡してみると公園中央部に立札がありました。

それではQRコードを読み込ましてみると、個人登録後に1か所目のポイントが認証されました。

よし、よしとスマホ画面を消して、もう一度見てみると情報がなくなっています。

もう一度読み込んでみると、

金太郎の里スタンプラリー画面

初期画面に戻っているではないですか!

とても不安があったのですが、もう一度認証しなおして2か所目に向かうことにしました。

次のポイントに向かう途中、畑の中にちょっとした桜の集まりを見つけました。

ほんとうにこのあたりはいたるところに春めき桜が咲いています。

次のポイントは奥まった場所にあるのですが、向かうルートの傾斜がなかなかのものでした。

さらにそれが思ったよりも長いため、上りきるころには汗だくです。

ここはマジできついです

やっとのことで上りきったところにあるのが、北足柄中学校跡地を活用したオートキャンプ場 CAMPieceです。

CAMPiece南足柄

受付の方が親切に案内してくれ、QRコードを読み込むことができました。

CAMPiece南足柄の受付

が、予想通り初期画面に戻ってしまっていて、1つ目のチェックポンとが無効となっています

何度やり直しても同様のため、スタンプラリーを諦めました。

以前にも似たような挙動をしめすスタンプラリーがあったたのでもしやと思っていましたが残念です。

ちなみにこのキャンプ場では広い校庭を使ってオートキャンプができます。

CAMPiece南足柄

この場所を知ることができただけでも良しとします。

そこからは以前使った細道を逆行することで次の場所に向かいました。

そこはスタンプラリーを断念してしまったため意味がなくなりましたが、アサヒビール神奈川工場です。

アサヒビール神奈川工場の桜

立ち寄る必要は無くなってしまいましたが、外周の桜は綺麗でした。

春めき桜

アサヒビール工場を下っていくと南足柄市で一番とも言える春めき桜のポイントに到着します。

一ノ堰ハラネの春めき桜
一の堰ハラネです

この土手の桜はみごとなもので、毎年多くの見学者がやってきます。

一ノ堰ハラネの春めき桜
春めき桜は花びらの量が多い

数100mに渡って桜の土手が続いているので、歩きながら桜を観賞できますし、少し離れた場所から見てもきれいなものです。


前方にて工事現場が見えたので歩道に退避していたのですが大正解でした。

見えないほど先まで片側走行となってました

上り区間でのロングの片側通行では迷惑過ぎてノロノロ上ってはいられませんからね。

工事現場を過ぎてふと横を見ると、菜の花がよんでいたのでついつい脇道を上っていってしまいました。

桜の花を近くでみたいがために、結局上まで行ってしまいました。

あれだけ見てきたのにと思いながらもついつい行ってしまうんですよね。

行きに通りかかったときから気になっていたのですが、秋にざる菊がきれいだった土屋交差点の土地にコンビニが新設されてしまいました。

土屋のざる菊があった場所

地元の方がボランティアで運営していたものですが、近くの場所で継続されることを願うばかりです。

海岸線に出たところでE-バイク(電動スポーツバイク)が目の前に現れました。

何度か試乗しているので目新しいものではないのですが、一般道でまともに見たのは初めてかもしれません。

いろいろなタイプのサイクルロック・鍵

スポーツタイプは通常のアシスト自転車よりも値段が高いですからあまり利用する人をみかけないんですよね。

だって高価なだけでなく20km/hていどでアシスト力が少なくなるのは普通のタイプと一緒のため、スポーツタイプといえども速度を出すためには自力で頑張るしかないですからね。

自転車紀行
下記で最新情報をフォローしてね!
Cycle TV(サイクルTV)

コメント

タイトルとURLをコピーしました