箱根の紅葉をあわてて見に行ってきました

自転車紀行
この記事は約5分で読めます。

伊豆の旅行から戻って一息ついていたのですが、そろそろ箱根の紅葉が終わってしまいそうなので慌てて一回りしてきました。

行きは箱根旧道のヒルクライムがあるので、最近会得した省エネ走行がどこまで有効なのかも興味があるところです。

ということでロードバイク2号機にて、下記ルートで紅葉見学に行ってきました。
https://www.strava.com/activities/6278175596
https://ridewithgps.com/trips/78759697

走行ルート

省エネ走行は箱根旧道でも通用するのか

週末の箱根は混みそうだったので平日に動いてみたのですが、なぜかいつも以上に渋滞が激しく不安になります。

小学生のグループが何組も現れたので、軽い遠足なのでしょうか?

箱根に向かうので念のためにとウィンドブレーカーを着てきたのですが、やはり少し走って温まると不要になります。

この先の海岸線で汗をかくので

このあたりで丸めてポケットインしました。

平日なのであまりロードバイクはいないかなと思いましたが、海岸線に出てすぐに遭遇しました。

湘南海岸線

もう少し寒くなるとガチ勢しか走らなくなるんですよね。

小田原近くまできてもいつも以上に混んでいるため、あまりペースアップすることができませんでした。

小田原近くの国道1号線

さきほどまでの渋滞は業務上のものだと思われますが、箱根の上り口での渋滞は観光目的でしょう。

箱根への国道1号線
平日なのに箱根は混んでる~

いや~平日にしてよかった!

さて、箱根旧道の入口にたどり着いたので、息を整えたらヒルクライムスタートです。

箱根三枚橋

ちなみに今日はタイム狙いではなく、省エネ走行が実際にヒルクライムでどのくらい有効なのかを見極める事が目的です。

まずは前半は省エネ走行に徹して、踏み込みせずに回転と引き足だけで上ることに徹しました。

おかげで日帰り温泉天山あたりまで全く疲れずに上れました。

さぁここから勝負どころの七曲りエリアに突入していきましたが、息は上がりだしたものの気力に満ちてあきらかに攻めた走りができています。

終盤の峠の茶屋以降で少したれた場面もありましたが、最後までケイデンスを維持して上りきることができました。

タイムは49分33秒とまずまずでしたが、本気を出さずにこのタイムはなかなかのものです。

そこで今回とベストタイムを比較してみました。

見ての通り序盤抑え気味に入ってしまい2分のアドバンテージを負ってしまいましたが、終盤で1分取り返しています。

もちろん序盤頑張れば後半に響いてくるでしょうが、十分記録更新をねらえる条件が整いました。

すでにお気づきかと思いますが、箱根旧道ではカメラ作動し忘れたため映像はありません。

穴場の紅葉とススキ

無事芦ノ湖に到着しました。

芦ノ湖
冬なのに汗だくですよ

思ったより寒くなかったので、上着の前を開けて涼んでいました。

ドラ
ドラ

寒いのに一般人から見たらおかしな人だニャ~

箱根神社を過ぎるといつもの紅葉スポットが見えてきたのですが、少々ピークを過ぎてしまっているようです。

箱根神社の先の紅葉

今回は車道ではなく湖畔プロムナードにて湖尻ターミナルを目指します。

湖畔プロムナード

ここは歩行者&自転車遊歩道なのですが、湖畔プロムナードという名前があることを初めて知りました。

この遊歩道でもところどころで紅葉を見る事ができました。

湖畔プロムナードの紅葉

遊歩道を抜けた少し先に桃源台駅があるのですが、

桃源台駅

その奥にある林が穴場の紅葉スポットです(駅とキャンプ場の間)。

桃源台駅奥の紅葉
私の中では箱根紅葉ではここが鉄板

今回は少しピークを過ぎていましたが、それでも綺麗に色づいていました。

箱根ビジターセンターから「ひよ子菓子」のくちばしのような山が見えますが、

箱根ビジターセンター
ひよ子菓子にみえません?

あれは冠ヶ岳かんむりがたけだと知りました。

仙石原のススキ地帯を通りましたが、今回は歩行路には入らずに車道からのみ見学です。

仙石原のススキ
ススキも終わり掛かっていました

もしかしたらこの辺りからの景色の方が見学路より見ごたえがあるかもしれません。

お寺や滝の紅葉

138号線に突き当たる正面に紅葉で有名な長安寺があります。

箱根の長安寺入口
入口は狭いので知らないと見逃します

長安寺は五百羅漢が有名ですが、羅漢のまわりにも紅葉がいっぱいです。

長安寺の五百羅漢と紅葉

ただ赤くて派手な紅葉は建物側にありますので、五百羅漢の中腹から望むのがポイントです。

長安寺の紅葉

あとは箱根の山を下るのみなので、ウィンドブレーカーをしっかりと着こんでダウンヒルを楽しみました。

思ったほど寒くなく紅葉を堪能

この日は数台前にバスがいたので、ペースが遅く楽についていくことができました。

周りの景色に見とれながら走っていたところ、目的地のこのバス停をスルーしてしまいました。

まったく気づかずスルーしてしまいました

バス停近くにあるこの階段を下って紅葉スポットに向かいます。

堂ヶ島渓谷遊歩道入口
この入口に気づく人はいないでしょう

階段はこのように狭くて薄暗いところです。

堂ヶ島渓谷遊歩道入口
自転車はここに駐輪

さらに下ると足場は不安定になるだけでなく、苔も生えていてとても歩きにくいところです。

堂ヶ島渓谷遊歩道
足場悪すぎです

そして谷底まで下ること5分弱で桜橋が現れ、人工物ですが滝のような景色が見られます。

堂ヶ島渓谷遊歩道の桜橋
なかなか綺麗

ここも紅葉スポットなのですが、ちょっと訪れるのが遅かったようです。

今年の箱根紅葉は少しピークを過ぎていましたが、例年とは違った色合いでそれはそれで良いものでした。

特にブログ内で紹介するほどでも無い山あいの発色などは、例年見てきたものとは違って新たな発見となりました。

ちなみに省エネ走行は有効でしたが、箱根旧道には不向きでした。

斜度7%を超えてくると省エネ走行ができにくくなり効果が低くなることが分かりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました