PICCライドに参加して城山湖や津久井湖をまわる

自転車紀行
この記事は約6分で読めます。

サイクルウエアのパールイズミさんが主宰しているサイクリングコミュニティーPICC(Pearl Izumi Cycling Community)では定期的にライドイベントを行っています。

前々から気になって参加してみようかと思っていたのですが、今回やっと参加できることになりました。

ライドは尾根幹の終点である多摩境から城山湖や津久井湖を回ってくる45kmほどのコースでした。

今回はロードバイク1号機にて、下記ルートで行ってきました。
https://www.strava.com/activities/5714052223
https://ridewithgps.com/trips/72371557

走行ルート

土砂降りと城山湖

PICCに参加できることになったのですが、1つ問題点があって集合場所が町田市にあるスターバックス多摩境店8:00となっていることです。

ライドは45kmと短いためあえて遠めのイベントを選んだのですが、8時集合となると6時には出発しなくてはなりません。

そのため5時起きという下手をすると私は普段起きていることさえありそうな時間に起床しなくてはならなく、とても眠い状態での出発となりました。

それでもギリギリまで寝ていたため走行は30km/hを下回るわけにはいかず、身体に鞭打ってペースを維持しながら走りました。

境川サイクリングロード

なにやら雲が厚みを増していて嫌な予感がしました。

そんな中でも、先日初めて装着してみたタイヤ(MICHELIN POWER ROAD)のフィーリングチェックは忘れず行いました。

まず発進時の軽やかさはGP5000ほどありません。とは言え悪いというほどでもなく普通にきちんと加速します。

同様に空走時の伸びも気持ち劣るような感じを受けますが、数値に現れるほどの差ではありません。

乗り心地はTPIが120のため骨格は硬いフィーリングがありますが、路面からの振動は角が丸められたように伝わってくるためGP5000よりもやさしく感じるくらいです。

さて、時間と戦いながら走っているといきなりサイクリングロードが封鎖されていました。

境川サイクリングロードの工事個所
なに~

ならばと対岸へ渡ってみたのですが、何とこちらも封鎖されています。

境川サイクリングロードの工事個所
こっちもか~

「余裕が無いのになんてことをしてくれるんだ~」と叫んでしまいました。

当初から感じていることですが、境川サイクリングロードの路面は速度を上げにくい舗装となっています。

境川サイクリングロード

もちろん日中は安全のため低速走行を求められますが、こんな早朝でも路面抵抗が大きすぎて速度を上げるのが難しくなっています。

ドラ
ドラ

管理者の狙いどおりだニャ~

それでも何とかペースを維持しつつ町田駅まで1時間20分でたどり着き、残り40分あるので少し気持ちに余裕を持つことができました。

町田駅周辺

ところがポツポツと降り始めていた雨が徐々に土砂降りとなって、速度を維持するのが厳しくなってしまいました。

PICCライド
勘弁してよ~

できればどこかで雨宿りしていきたいところですが、時間が無いため止まるわけにはいきません。

懸命に走り続ける事で何とか集合時間に遅れることなく到着することができました。

だだ土砂降りの影響で余裕がなかったために集合場所での写真を撮り忘れてしまいました。

パールイズミの大西さんの説明の後、各人が軽く自己紹介をして出発することになったのですがここで思いもよらぬ出会いがありました。

以前よりSNS上で知っていた「つるちゃん」に出会うことができ本当に驚きました。

PICCでは特に走行順などは決めずにトレインを組んで走行しますが、パールイズミの大西さんが後ろを常に気にしてくれるため信号等で離れてしまっても安心です。

すっかり晴れました

信号待ちなど短い時間で参加者通しが雑談をしながら和やかな雰囲気で走行していました。

この交差点を過ぎると城山湖への上りが始まります。

PICCライド
こちら側から上るのは久しぶり

右手の場所は小松コスモスまつり会場となっていて、何度かその開花時期に訪れたことがあります。

梅園の脇までやってくると傾斜がきつくなってきて本格的にヒルクライムの始まりです。

ここでは隊列を崩して各々自由な速度で上っていったのですが、早起きし過ぎのためか身体が言うことをきいてくれませんでした。

それでも皆無事に上り終えることができ、城山湖前にて記念撮影となりました。

PICCライドでの記念撮影
左から2人目が大西さん、前で働いているのがつるちゃんです

工場直売のうどんとオリンピックの記念

城山湖を下って津久井湖の表側を走るのかと思っていたら、裏側の静かな道が選ばれました。

PICCライドでの津久井湖周辺

大西さんGoodチョイスです。

その道を進んでいくと右側に脇道があるのですが、大西さんが入口方向をチェックしていました。

そこには更に裏道があるのですが、2019年の台風での土砂崩れでいまだに通行止めのままです。

そのため橋を渡って表通りに戻りました。

相模原のせき麺

車通りも少なく見晴らしの良い場所です。

そこからはダラダラと続く上り坂を湿度と暑さでバテ気味になりながら上っていきました。

サイコンに汗がしたたり落ちている

ようやく休憩ポイントのせき麺に到着しました。

隣のコンビニの駐車場で出店しています

ここは麺工場のすぐ横でリーズナブルにうどん等を提供しています。

さすがに私は暑くて食べなかったのですが、過去何度もいただいていて美味しいですよ。

休憩後のライドでは私の提案でオリンピックコースを通ってもらいました。

相模原のオリンピックコース

なぜならそこにはこの時期だけ設置されたピクトグラムの横断幕が掲げられているからです。

相模原のオリンピックコースにあるピクトグラム
思っていた以上にデカかった

人に比べていかに大きいか分かっていただけたでしょうか?

ここに寄ったためにこの後余計な上りが追加されてしまいましたが、皆さん喜んでもらえたようでした。

街中に戻って来ると路面にはナビマークが表示されていましたが、道幅が狭くて自動車とともにいっぱいいっぱいです。

スタート地点のスターバックスに戻り、大西さんから今後の告知などあり解散となりました。

PICCライドでのミーティング

長池公園と尾根緑道

解散後はスタバでお茶をする人などもいてちょっとひかれるものがありましたが、ここで休んでしまったら動きたくなくなるだろうと次の目的地へ向かうことにしました。

目的地まではすぐ近くの尾根緑道を抜ける道を通ったのですが、いきなり階段が現れてしまいました。

階段横の坂は上れそうもありませんでした

緑道を抜けてしばらく進むと長池公園の駐車場に到着しました。

長池公園駐車場

駐輪場では立て掛けられる場所が無かったので、草に紛れるようにカモフラージュ駐輪となってしまいました。

長池公園の駐輪場

長池公園は綺麗な芝生が広がり都会的な公園なんだと思っていたところ、

長池公園の池と橋
どこかヨーロッパの雰囲気ですね

奥に進むとうっそうとした森や自然の池などがありました。

長池公園の池
こちらは手つかずの自然風

他にも林道や田畑もあったりと二面性のある公園だと分かりました。

長池公園の林道

長沼公園を堪能した後は尾根緑道を通って帰りました。

尾根緑道

途中、水道を見つけるとたまらず頭から水を浴びてクールダウン。本当に暑い1日でした。

ところで今日1日POWER ROADを使ってみたのですが、どのシチュエーションにおいても不満が無いタイヤです(後半は新しくした事さえ忘れていた)。

ただ吐出して良い部分が無いため、他メーカー品に比べて見劣りして見える可能性があるタイヤです。

その事さえ理解していれば、お安いので十分選択肢になるうると思いました。

最後にPICCですが気楽に参加できるサイクリングイベントです。

参加者は抽選で選ばれ、常連さんが幅をきかせていることもありませんし、50kmくらい走れれば経験が浅くても問題ありません。

気になっている人はパールイズミさんのHPでチェックして参加してみることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました