NHKのユーロヴェロ90000がなかなか良い(ちょいネタ)

未分類
この記事は約2分で読めます。

NHKで放送されているユーロヴェロシリーズがありますが知っていますか?

まぁ、シリーズと言っても現在のところ70000キロと90000キロの2つだけだと思います。

どちらも70000kmとか90000km走ったというのではなく、ユーロヴェロというヨーロッパ全土を結ぶ16ルートの総距離を表しています。

おそらく初期に放送したときは70000kmだったものが、現在は90000kmまで伸びたということでしょう。

番組ではその一部(90000ではイタリアだけ)を旅した内容を紹介しています。

ところで私は初期の70000キロを初回放送にて視聴したのですが、これは最悪でした。

ユーロヴェロという自転車道の題名にもかかわらず、走行シーンはチョロチョロのどうでもいい感じで、ほとんどが有名な街などの観光地を紹介しているものでした。

そんな内容なら自転車移動である必要がなく、旅番組の方がずっとマシな内容でした

それもあって90000キロについてはいままで無視していました。

ところが何度目かの再放送である現在、ちらっと見てみたらよくできているんですよ。

走行シーンが多くて、その地方の路面状態の移り変わりも良く分かり、走行中の景色などもドローンを使ったりして、いか走者が受ける印象が伝わるかに力が入れられています。

以前のシリーズでは自転車旅を知らないスタッフが作っていた感じでしたが、今回は自転車好きなスタッフが関わっている感じがします。

見ていても自転車好きが行ってみたくなる映像がたくさんあるので、まだの人は見てみる事をおすすめします。

ただし何度目かの再放送のため早朝6時ごろのBS放送となっているので、録画視聴がよいでしょう。

そうそう、今回良い出来なんですが、個人的に1つだけ気になって仕方ないことがあります。

出演者(走行者)がどうやらスポーツバイク未経験のようで走りがいまいちなのはまだ良いのですが、履いている靴がジョギングシューズのような厚底のものなのが気になって仕方ありません。

あれでは距離走ったら疲れるだろうにと思ってしまい、スタッフさんがアドバイスできないのかと毎回思ってしまいます。

コメント

  1. 4700おじさん より:

    お邪魔します。ユーロヴェロ90000で検索してヒットしたのでお邪魔します。
    ユーロヴェロ90000は裏道のゴツゴツした道やしょぼくれた小さな町、坂道や海岸沿いを走ってる所、小雨の中、イタリア人のサイクリストの集まりと一緒にカプチーノ飲んだり、ロードバイク乗りに抜かれるつつも挨拶する所を後方のバイクから、ドローンで遠くや近くから、クランク辺りから撮影していて見ていて楽しいです。
    またイタリアの郊外はごちゃごちゃせせこましくて日本に似てるかもと思ったり、少しイタリアで走りたくもなりました。それではお体に気を付けて怪我しないようにライドもサイトもがんばってください。

    • CycleTV より:

      4700おじさん 初めまして。
      ユーロヴェロ90000なかなか良い感じに仕上げられていますよね。毎回楽しみだったのですが先日終わってしまって残念に思っています。言われるように海外の道はけっこう荒れているところがありますね。どこがユーロヴェロ90000で、どこがそうでないのかが番組では分からないので気になっています。

タイトルとURLをコピーしました