自転車のオートマ変速が考え出された

未分類
この記事は約1分で読めます。

先日のテクノエッジの記事にてオートマ変速が発明されたと紹介されていました。

てっきり電動シフトをパワーメーターの数値からAI制御とかで変速するのかと思っていましたが、本当にオートマチック機構だったので驚きました!

テクノエッジより

機構的にはフロントのチェーンリング部分がペダルにかかるパワーによって広がったり狭まったりするものです。

テクノエッジより

踏みこみが弱い時にはバネの力が上回ってチェーンリングが大きくなり、踏み込みが強くなるとバネが縮んでチェーンリングが小さくなるって仕組みのようです。

リヤのスプロケット部には逆の仕組みがついているようで、踏み込み弱だと縮まっていて、強だと広がるようです。

テクノエッジより

とても素晴らしい発明なのですが、まだ実働するには無理がある部分があるようです。

ただ高回転や安定性が必要なスポーツバイクへの採用は将来的にも難しそうですね。

そうなると電動シフトをその人の好みによって自動にシフトしてくれるプログラムの方が現実性がありそうです。

そのうちどこかかから学習型の自動電動シフト制御が出てくるのでないかと期待しています。

ドラ
ドラ

発売されても手動を選ぶのだろうに

ハハハ・・・確かに

未分類
下記で最新情報をフォローしてね!
Cycle TV(サイクルTV)

コメント