サイクルトレインの誘惑で、つい申し込んでしまいました

未分類
この記事は約2分で読めます。

今回あるイベントに申し込みしたのですが、元をたどれば昨年申し込みしたB.B.BASE(サイクリング専用列車)のツアーがコロナのために中止となって残念な気持ちが残っていたのかもしれません。

今回申し込みしたものは水郡線サイクルトレインを利用するイベントで、というか主催がJR東日本なので水郡線サイクルトレインを普及させるためのイベントです。

水郡線サイクルトレイン最前線2022

画像クリックでもイベントページへ飛びます

この水郡線サイクルトレインはB.B.BASEとは異なり、サイクルトレインとして作った車両でないため通常車両に自転車がそのまま持ち込めるというものになります。

さて、申し込むにあたってちょっと躊躇ちゅうちょしたのが、集合場所が水戸駅前に8:30ということと走行距離50kmということです。

まず集合場所が水戸駅となるとさすがに自走していく事は難しくなります。

ドラ
ドラ

いや難しいとかでなくほぼ無理ニャ~

はい、確かに我が家からNAVITIMEで速度速め設定でも8時間30分かかると出ました。

次にせっかく水戸まで行くのに走行距離がたった50kmしかないのが残念なところです。

案内には「上級者向け、獲得標高700m」となっていますが、それって私がヤビツ峠のタイムアタックだけで帰ってくる(105km、獲得標高1250m)の約半分でしかありません。

※ヤビツアタックはライドとしてはチョイ乗りです

ルートも確認してみましたが、斜度がきついところもごくわずかで中級者でもちょっと物足りない程度だと思います。

このように遠くて物足らず、加えて寒い日程で参加すべきか迷いましたが、結局申し込んでしまいました。

決めた理由はサイクルトレインに興味があったのはもちろんなんですが、こんな事でもないとおそらく走ることの無い地域だったので、この機会に行ってみることにしました

いや、まてよ!せっかくなら前日入りして目いっぱい走りこんでおくか…

コメント

タイトルとURLをコピーしました