「きのくに線」の輪行方法はとても斬新だぁ~(ちょいネタ)

未分類
この記事は約1分で読めます。

紀伊半島先端にある和歌山県にはきのくに線が走っています。

このきのくに線で行われているサイクルトレインが、ちょっと珍しい輪行方法をとっています

まず普通列車では下記のように手すりにバンド等で固定する方法が採用されています。

きのくに線普通列車での輪行方法
持ち込むだけなのとても楽

これは地方のサイクルトレインではよくある方法です。

ところがきのくに線輪行のすごいところは、特急列車への乗せ方です。

まずは駅で借りられる専用バッグで車体を包みます。

きのくに線特急列車用自転車専用バッグ装着方法
無料で借りられます

前後輪の取り外しは不要で、バッグは下からかぶせて上部はマジックテープを留めるだけです。

ハンドルとサドルは出たままでOKです。

特急車内では予約した列のAB席に立て掛けてゴムバンドで固定します。

きのくに線の特急列車での輪行方法

本人は反対側の窓側に座ります。

どうです、こんな輪行は見たこと無いですよね?

また追加料金なしで1列の4席を独占できるのも凄い事です(サイクリスト専用車両のみで実施)。

最後に出口の改札にて専用バッグとバンドを返却するだけの楽々輪行です。

利用できる区間がそこまで長くはないのでどのような場面で利用するのか微妙ではありますが、

きのくに線のサイクルトレイン利用区間

面白そうなので意味もなく利用してみたくなりますね。

未分類
下記で最新情報をフォローしてね!
Cycle TV(サイクルTV)

コメント

タイトルとURLをコピーしました