自転車用品の売却にはジモティーが有効だと気づいた

未分類
この記事は約3分で読めます。

皆さんはカスタマイズ等で余った自転車用品をどうしていますか?

もちろん故障時の保険に残しておくこともあるでしょう。

ただ明らかに不要なものや、置いておくと邪魔なもの(使わないホイールとか)がありますよね。

それらは捨てるか売却するしかないですが、SDGs的にも使えるものなら売却等で使ってもらいたいですよね。

売却で簡単なのはリサイクルショップですが、自転車関連の専門店であっても安く見積もられることが多いので持って行く手間を考えるとあまりおすすめできません。

そうなると個人売買となるのですが、メルカリ楽天ラクマなどだといくつか不都合があったりします。

・取引額の10%程度が手数料として差し引かれるので、低価格でしか売れないものだと梱包の手間がばかばかしい
・梱包時の厚みが3cmを超えると送料が高くなるので、低価格でしか売れないものはほとんど利益にならない
・輸送に耐える梱包をしなくてはならなくちょっと面倒

そこでジモティーを使ってみたのが、これが思ったよりも使える、いや自転車用品には向いているのではと思ってしまいました

理由は
・地元での手渡しが基本なので大きさによる送料を気にする必要がない
・むき出しのまま渡すことも可能なので、梱包する手間が要らない(説明欄にむき出しと記載するか紙袋に入れれば十分)
手数料がかからない

ただしジモティーには大きな欠点があることも確かです。

メルカリに比べると閲覧するユーザーが少ないのもありますが、基本は手渡しなので購入してくれる人が数十km圏内に限られてしまいます。

もちろん郵送での取引も可能ですが、そうなると梱包の手間も発生しますしジモティーの決済システムを利用するとメルカリ同様に手数料が発生します(だったらメルカリ使いますよね)。

なのでちょっと売れにくいんです

しかしながら出品も多くないので、うまく出品すれば注目されてわりと簡単に売れたりします

そのコツですが、
・買う人の立場で考えて、商品の状態が理解しやすいように複数の角度から取った写真を添付する(重要な部分は拡大するとか)
・商品説明は調べたりして細かく記載。さらに売却にいたった経緯なども書いておくと変な出品物だと思われずによい。

ここまではメルカリなどでも同様に基本的なことですが、ジモティーの場合は1つ大事なことがあります。

それは出品するタイミングです。

ジモティーでは1度出品すると内容を変えても(値段や写真を変更するなど)再出品が出来ないようになっています。

※ただし60日後に再度上位へ出品し直すことができます。また有料ならいつでも上位に表示させることもできます(1日200円とか)

なので最初に出品した時が上位に表示され売れるチャンスなのでそれを生かす必要があります。

具体的には注目度が高まる金曜の夜か、土曜の夜あたりでの出品がねらい目です。

また、受け渡し場所は駅名地名の両方を入力できますが、両方入力しておいた方がどちらかでヒットしてくれる可能性があります。

これで運が良ければ数日中に買い手が現れますが、現れなかったとしても閲覧数が数十件あるようなら待ち続ければ翌週売れたりしますので少し気長に待ちましょう。

手数料もかからず、送料もかからず、梱包不要なので大きさのある自転車用品に向いていると思いませんか?

ちなみにジモティーだと0円出品することも可能なので、使えるが売れそうも無いものをもらってもらう事も出来ます。

未分類
下記で最新情報をフォローしてね!
Cycle TV(サイクルTV)

コメント