ディレイラーハンガーはどの程度の曲がりまで使えるのか?

自転車用品
この記事は約2分で読めます。

題目について最近説明したのですが、皆さんは答えられるでしょうか?

これ、自分で調整をやっている人でないと答えられないと思います。

普通、ショップなどでは曲がっている事が確認されれば交換ってことになるかと思いますが、必ずしも交換が必要とは限りません。

交換が必要かどうかのポイントは、ディレイラー調整で各ギアへの変速がきちんと出せるかどうかで決まると思います。

もう少し具体的に言えば、ある一定量以上ハンガーが曲がるとロー側またはハイ側、アップ側またはダウン側のどれかで上手く変速できなくなります。

もちろんその上手くいかない部分を合わせるようにワイヤーの張りやリミットネジを調整してあげるわけですが、曲がりがひどくなるとロー側に合わすとハイ側が、ハイ側に合わすとロー側がとどうやっても全てを満たすことができなくなります

これってハンガー曲がりとは関係なくディレイラー調整技術が未熟でも起きる事なので、普段から調整をやっていないと自分の調整があまいのか、ハンガー曲がりの影響なのか分からないと思います。

さて、当初の質問について戻りますが、ハンガーが曲がっていくほどにディレイラー調整はシビアになっていき、最後には調整不可となってしまいます。

なので答えとしてはディレイラー調整ができなくなるまで使えるって事になります。

ではその状態はどのくらいなんでしょう。

ディレイラーハンガー曲がり

上は過去にハンガーを曲げてしまった時の画像ですが、このように目でみて明らかにまがっているようではその限界点を超えています。

いくら調整してもどこかのギアに不都合がでるはずです。

感覚的には薄っすら曲がっているかなぁと感じるくらいが限界で、そのあたりでディレイラー調整が結構厳しくなります。

もちろん変速すればよいって言うならもっと曲がっていても変速はしますが、きちんと気持ちよく全てのギアが切り替わることを考えると目視で分かるか分からないかぐらいが限界でしょう。

ディレイラー調整している時に、なぜか最近調整が上手くいかなくなってきたと感じるようならハンガーの曲がりを疑ってみるとよいですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました