ちょっと良さげなハンドル購入

自転車用品
この記事は約2分で読めます。

近々1号機のオーバーホールを行おうかと思っていますが、それに合わせてハンドルを交換することにしました。

エアロロードである1号機にはそれに合わせてエアロハンドルを使用してきたのですが、エアロハンドルは厚みが薄いためにワイヤー類を内装(中に通す)のがとても難しくなっています。

難しいだけなら頑張ればよいのですが、内装した時の角度もきつくなってワイヤーの動きにもあまり良い状態ではありませんでした。

そこで今回は純粋なエアロハンドルでは無く、少し妥協したものでも良いのではと考えました。

そうして対象の範囲を広げて探してみたところ、良さげなものを見つけました。

カーボンハンドル
エアロほど薄くないセミエアロ

ステム一体型で、サイコン取り付けまで一体化したものです。

今まで同様に中華サイトのノーブランド品なので、届いた時の状態は中華品の定番状態でした。

中国から届いたハンドル状態
箱入りでないことに驚く

もう慣れましたが、国際郵便なのに「これでいいの?」って思ってしまいますね。

しかしならが販売者もクレームとなりたくないためか、簡素ながらそれなりに対策は取られています。

結構な量の発泡材と、嫌がらせかと思うほど強固なテーピングがされています。

ところでこのハンドルは上側だけでなく、下側にはライト類を取り付けられるアタッチメントがついています。

使う人には便利ですね

ただ私はこれを使う予定がないので取り外して見たのですが、

残ったネジの状態がどこか不格好です。

そこでネジをキャップ付きで黒色に替えてみました。

すっきりしました。

ちなみにこのステム一体型ハンドルは338gです。

一体型のカーボンハンドルとしては標準的なものでしょう。

ところで中華パーツについて触れておきますと、10年くらい前に比べたら各段に品質は良くなっています。

しかしながら低価格を売りにしているため、品質検査があまいことはそれほど変わっていません。

そのため不良品に当たる確率はメーカー品に比べ桁違いなため、受け取り時のチェックは慎重に行う必要があります。

また、そもそも設計があまいものもあるので、口コミはよく読み込んだ方がいいでしょう。

日本国内のAmazonなどとは違いサクラコメントは少ないので、コメントはわりと信用できます。

後はオーバーホールで使うワイヤー類他の準備が出来しだいメンテナンスに入る予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました