雪を求めて相模原市へ向かう

自転車紀行
この記事は約5分で読めます。

久々に関東でも雪が降りましたが、翌々日にライドにでかけることにしました。

雪がなさそうなところと考えるとまたもや三浦半島方面になってしまうので、考え込んでしまいました。

そこでひらめいたのが、「どうせなら雪景色を見に行こう!」走れなくなったらそこまでで終了すればよいのだから。

というような逆転の発想で、下記ルートで雪景色をもとめて行ってきました(ロードバイク1号機にて)。
https://www.strava.com/activities/6669594012
https://ridewithgps.com/trips/82996677

走行ルート

卵街道

大通りに出てすぐにロードバイクに遭遇しましたが、あまりロードバイクをみかけない道なので後ろから様子をみてみました。

走ってみると速度差が少ないのでしばらく後ろで様子をみるつもりだったのですが、一瞬速度の伸びがにぶったため反射的に追い抜きをかけてしまいました。

やってしまったと思いましたが仕方ないのでペースを上げて走りますが、信号のたびに追いつかれます。

引き離すのはあきらめてマイペースで走ることにしたのですが、しばらくすると振り切っていました。

相模川沿いの道は広いのでスケボーなどいろいろな乗り物で楽しんでいる人がいます。

川沿いを走るローラーブレード
二人ほどいました

写真の場所は一部の狭い区間ですが、多くはこの3倍以上の広さがあります。

それにしてもローラーブレード久々に見ました。

一度乗ったことがあるのですが、初めてでもある程度安定していて一蹴りで結構進むので面白いですよね。

中津川ぞいにやってきましたが、この区間はいつも車道を走ってしまっていたのでここを走るのは初めてです。

中津川ぞい

球場やグラウンドなどがいくつもあって、暖かくなったらにぎわっていそうなところでした。

中津川ぞいの車道に戻ってアップダウンが続くセクションに入ったのですが、なぜかいつものように脚が回りません。

無理やりパワーで何とかしようとしてふくらはぎに違和感まで発生してしまいました。

どうやら寒さで脚が動いてくれていないようでした。

これから裏道に突入するのですが、左手に見えるガードレールの角度から嫌な予感がします。

予想通りとんでもない坂が待っていました。

出だしだけキツいのだろうと甘く考えていたのですが、上るほどに斜度が増していきます。

マジか~

裏道では雪が残っていそうなものでしたが、すっかり溶けていて見当たりません。

しばらくすると工場地帯のような場所に出ましたが、ここは見覚えがある卵街道ではないですか!

愛川養鶏農場
道が白いのは石灰がまかれています

卵街道と勝手に呼んでいますが、ここは一般的なたまご店が立ち並ぶ「たまご街道」ではなく、場が立ち並んでいる場所です。

雪はどこに?

さらに奥地へと進んでいくと、やっと路面にも雪が現れてきました。

長いトンネルを抜けたので、一面雪景色が・・・

歩道に積みあがっているのは除雪されたのでしょうか?

と思ったのですが、雪があるのは歩道の一部のみでした。

雪が無いとはいえ下り区間はいつもより慎重に走らなければなりません。

いつ凍結路が現れるかわかりませんので緊張しながら走ったのですが、そんな場所は一か所もありませんでした。

T字路の手前で自動車に抜かされたのですが、もたついているのかこのままでは追いついてしまいます。

こんなところで止まったら再発進できないので、あわてて歩道側に回避しました。

またもや裏道を選んで走っていると、やっと雪道らしい場面に出会えました。

こういう厳しい路面を覚悟していたんだけどね

ただし最終目的はすばらしい雪景色を見ることなので、この程度では満足していません。

少し遠回りしてコンビニに寄ったのですが、

目的は駐車場にあるキッチンカーでのうどんです。

せき製麺のキッチンカー

隣の製麵所が設置しているキッチンカーなのですが、寒い時期なので人気で混んでいます。

キッチンカー前にも並んでいますし、座席がどうしても相席になってしまいそうなのでコロナ禍では断念するしかありません。

しかたなく昼食はいつものコンビニ飯となってしまいました。

駐輪場にあったポストをテーブル代わりに拝借。

宮ケ瀬湖へ通じる裏道に入ってみたのですが、ログハウスやペンション風な住居がいくつも立ち並んでいました。

ちょっとした別荘地のようです

中でも気になったのが、住居とは別に庭に設置されたこのドーム型の建物です。

窓が少ないので温室ではなさそうですし、天体望遠鏡の施設としては大きすぎるのでこれは何なのでしょう?

そうしているうちに宮ケ瀬湖の鳥居原に到着しました。

宮ケ瀬湖の鳥居原からの景色

ここにはいくらか雪が残っていました。

しかしながら一番期待していた湖畔園地まで行ってみたところ、

宮ケ瀬湖畔園地の景色

ほとんど雪は無くなっていました。

一番期待したスポットだったのでちょっと残念です。

宮ケ瀬湖からの下りは要注意箇所となるのですが、幸いにして下り側は谷となるのでいくらか太陽が当たって凍結はありませんでした。

厚木市内で裏道から歩道に出てみると工事中で歩道が通れません。

警備の方がなにやら指をさしているので見てみると、車道との段差にスロープがありました。

用意してくれているだけマシなのですが、それにしても「小さっ」と思わず言いそうになりました。

リヤライトと警報器が一体となって便利。日中のディライトとしても使えます。

今日は雪景色を求めてのライドになりましたが、思ったような雪景色は見つけられませんでした。

それでも新たな裏道はいくつか発見できましたし、苦労せず走れたので良しとしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました