インナーグローブ発見!

自転車用品
この記事は約2分で読めます。

前回のライドの帰りにワークマンに立ち寄ってみたのですが、インナーグローブとしてよいものがありませんでした。

お試しとして考えていたのはお安いおたふく手袋製のものなんですが、どうやらワークマンでは扱っていないようなんです。

そこでもしかしたらホームセンターの方があるのではないかと、近くのロイヤルホームセンターに行って見たところ全サイズありました。

おたふく手袋のJW-145

通販では売り切れが多かったのであきらめかけていたのですがラッキーです。

伸びのある生地なためMサイズでも入りそうでしたが、Lサイズが一番フィットしたのでこれにしました。

手を入れてみた感じでは手のひらから指先まで緩みなく良い感じです。

おたふく手袋のJW-145を装着してみた状態

購入したのはJW-145(243円)なんですが、更に安いJW-143(198円)もあるようです。

このJW-145は指3本がタッチパネル対応となっています。

おたふく手袋のJW-145を装着してみた状態

パッケージにも感度アップと書かれていますが、本当にスマホ操作は楽々です(素手より反応が良いくらい)。

上から冬用のグローブをはめるのは多少きつくなりますが、ブレーキ等の操作性にはあまり影響なさそうです。

おたふく手袋のJW-145を装着して上から防寒手袋付けた状態

暖かさの違いなどはまだ試していないのでわかりませんが、次のライドで使用したら追記したいと思います。

蓄熱効果があってこの値段っていうのは、おたふく手袋さん凄いものです(まだ効果はわかりませんが、期待値はたかい)。

追記)それほど寒い日ではありませんが、インナーグローブ使ってみました。

蓄熱効果ですが、走り初めや手が冷たいうちはあまり効果はありません。

少し手が温まってくると温まり方に多少差が出ます。

手が冷えている時でも厚みが増すので多少冷たさを軽減してくれますが、厚みが増す分だけわずかにシフトの操作性が低下します。

よって多少指の冷たさを軽減してくれるが多少操作性が低下するので、そのあたりがトレードオフとなります。

それでも極寒となることが分かっている日なら装備して損はないでしょう。

自転車用品
下記で最新情報をフォローしてね!
Cycle TV(サイクルTV)

コメント