寒さへの耐性について(ちょいネタ)

未分類
この記事は約1分で読めます。

前回モバイルバッテリーを購入したことをお伝えしましたが、それは電熱ベストを買って必要になったからです。

発熱ベストの販売画面

外出時というよりは自宅で気楽に羽織れるようにと袖の無いベストにしました。

この電熱ベストのおかげで今年はほとんど部屋で暖房を使っていません。

もちろんこのベストだけでほっかほかなんてことはありませんが、ちょっと寒いかなという程度で重ね着をすれば済むようになりました。

さすがここ2日くらいは手足の先端が寒さで痛むため部屋の暖房を入れたのですが、驚きの変化がありました。

以前ならエアコンの快適自動温度「-2℃」くらいで利用していたのですが、「-4℃」にしても暖かすぎて電熱ベストを止めるほどなんです。

エアコンのリモコン画面
エアコンの快適温度に対して-4℃

当然ながらこの変化は普段のライドにも表れていて、朝の出発時休憩後など身体が温まっていない時の辛さが違います。

どうやら身体が寒さに対して慣れたようで、多少の寒さなら苦痛を感じなくなりました。

そういえば沖縄の人って気温が10℃くらいも震え上がっていますし、逆に北海道の人なんて関東では薄着ですごせたりしていますから身体の適応性ってすごいものがありますね。

ただ朝布団から出られないことに変わりがないのが残念なところです。

未分類
下記で最新情報をフォローしてね!
Cycle TV(サイクルTV)

コメント