梅に桜に菜の花とまとめて詰め込んだルートで行ってきました

おおいゆめの里自転車紀行
この記事は約5分で読めます。

この時期いろいろな花たちが順次見頃をむかえますが、時期は標高などの気候によってもずれてきます。

今週は何かと早咲きの花たちが見頃を迎えた情報が各地から寄せられたため、迷ったあげく全部行ってみることにしました。

今回のルートは下記の通り、ロードバイク1号機にて行ってきました。
https://www.strava.com/activities/3124078115
ルート

里山公園と旧吉田茂邸

今日は出がけから風が強めで、かつ身体の切れが悪いのもあって速度がのりません。
ポケットパーク

それでもポケットパークの休憩所にはいつもより多くの人であふれていました。

ヌメッっとしたフォルムの車がいたので何だろうと見てみたら、アバルトのエンブレムが。
アバルト

ただ車種が分からなく、調べてみるとグランデ プントに近いがちょっと違う。

車名が分かる人いたらコメントください。

最初の目的地である茅ヶ崎里山公園へたどり着いたのですが、いままで通った事の無いルートで進入してみました。
里山公園入口

横から短距離で入るため予想通りの急坂です。
里山公園

菜の花がある畑にやってきましたが、すでに刈り取られて耕されていました。
里山公園

わざわざ大回りして寄ったのに悲しすぎる~

公園を後にして、いつものように怪しい道に入り込んでみたところ、
細い道

その先には厳しい道が待ち構えていました。
急坂

映像ではカメラも傾いているので分かりにくいかと思いますが、タイヤがロックしたまま滑るような斜面です。

湘南平のある高麗山を回りこむルートを設定してみたのですが、やはり湘南平上り口を通ることに。
湘南平上り口

狭い道を抜けてみたところ、
狭い道

大磯の裏手の抜け道へ出ました。
大磯の裏手

この道はいつ通っても空いていて良い道ですよ。

旧吉田茂邸に到着しました。
旧吉田茂邸

この邸宅の庭にある梅がなかなか素晴らしいのですが、今回は遅すぎてほとんど散っていました。

ただ、庭の手前にある梅にいくらか花が残っていました。
旧吉田茂邸

今日は1号線が断続的に渋滞気味で車列が切れないため、ロード乗りに追いつくも抜くことができずしばらく追走となりました。
1号線

そして3度目となる三寶寺に到着しました。
三寶寺

前回のライドで不在にてお寺トランプがもらえなかった唯一のお寺です。

今回欠けていたカードを取得することができ、やっと56枚コンプリートしました。
お寺トランプ

フラワーガーデンと川沿いの桜

小田原に入ってまたも細い道を進んで行くと
狭い道

「何でこんな道通るんだい」ってところを通ってみました。
狭い道

そうして次の目的地である小田原フラワーガーデンに到着。
小田原フラワーガーデン駐輪場

スタンドが付いて無いので、皆さんとは違った向きでの駐輪となります(広いので迷惑にはなっていません)。

このフラワーガーデンには多くの種類の梅が植えられているため、種類でも楽しめますし配置も素敵です。
小田原フラワーガーデン

園内に川や池も作られていて、飽きずに1周することができます。
小田原フラワーガーデン

フラワーガーデンを後にして富士見大橋を渡っていたところ、川岸にピンク色の帯が広がっていました。
富士見大橋

ちょっと寄り道して近寄ってみたところ感動的な桜並木があったので、動画にて撮影してみました。
画質が悪い時は720pに切り替えての鑑賞ください

酒匂川の富士見大橋近くの桜

アクションカムの映像だとピンク色の発色が今一つで、実際の色はこんな感じです。
酒匂川の桜

そしてその後にはこの日最大のチャレンジである道に突入しました。
大井町の農道

これまだまだ序盤です。

進んで行くと道は一段と枝葉が多くなり、抜けられるのか不安になります。
大井町の農道

ただその先では農作業の方がいたりして、ちょっと安心していました。
大井町の農道

しかしながら走行可能な道をすすんでみたところ、すでに予定ルートから大きく外れていました。
大井町の農道

それでももしかしたらと、荒れた道を進んでみました。
大井町の農道

長い枝が多くてホイールやプーリーに巻き込みそうなので、ここでは徒歩です。

そして結果は予想通りの行き止まり。
大井町の農道

仕方なく元来た道を戻ったのですが、竹藪から何かがいるような音がしています。
大井町の農道

おそらく風などによる自然現象なのですが、誰かのしわざのような音で不気味でした。

途中まで戻ったところで、通行できないと思った分かれ道が予定ルートだと分かりました。
大井町の農道

下まで戻るか迷ったのですが進んでみたところ、何と前から自動車が現れました。
大井町の農道

ついつい「自動車通れるんかい!」って一人でツッコミ入れてしまいました。

泥道はその後も続きましたが、5分ほど歩いたら舗装路につながりました。

ゆめの里

これで次の目的地はすぐだろうと甘く見ていたところ、見覚えのある抜け道に突入しました。
抜け道

ここは10分ほどこのような傾斜が続くため、タイムアタックでも無いのにジャケット前面のチャック全開です。
抜け道

そして上りきった先に次の目的地のおおいゆめの里(四季の里)が見えてきました。
おおいゆめの里

この場所の凄いところは道端の部分でもすでにこの数が咲いています。
おおいゆめの里

そして会場には一面の桜が咲いています
おおいゆめの里

谷間にも一面の桜があり、
おおいゆめの里

なんと菜の花と桜と富士山を一度に見る事ができます。
おおいゆめの里

ぜひ訪れてほしい穴場の桜スポットです

帰路にて茅ヶ崎まで戻ってきたところで、あからさまに信号無視するロード乗りがいました。
国道1号線

案の定さして速くもないのですぐに追いついてしまったのですが、追走されたりと絡みたくないのでしばらく様子をみてみました。
国道1号線

上り区間に入り失速しているので、ここで一気に突き放しました。

信号無視と言えば、駅近くで車道走っていたママチャリが平気で歩行者信号で渡っていったのですが、その先で車両信号青なのに止まっていました。

交通ルールを守ろうとの意識はあるようなのですが、根本的にルールを理解していないため周りからしたら危なくてなりません。

警察庁ももっと普及活動を行って欲しいものですね。

今回は終わってしまった花もありましたが、後半は予想以上の咲きっぷりで非常に満足できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました