STRAVAのセグメント(区間)が正しく認識されなかった時の修正方法

STRAVAで走行記録をとっている人は多いかと思いますが、走行後の記録を見てみるとセグメントのスタート地点やゴール地点が間違った位置で計測されていることがありませんか?

今回はそのような場合に正しいデータに修正する方法をお伝えします。

発生原因の理解&データ抽出

まずは何故計測位置がずれてしまうのかを知らないと、どう修正して良いのか分かりにくいのでそこから説明します。

計測位置がずれる原因はGPSでの現在地測定位置がずれるからです。特に山あいでGPSの感度が悪い場所や、雲が厚くて電波が届きにくい日に起きやすくなります。

さらにセグメントのスタート地点ゴール地点近くを再度走行するようなルートの場合、近くの道を誤認してしまうことにより起きます。

具体的な例で説明します。下記はあるセグメントのスタート位置を拡大したものです。
スタート位置拡大図

黄色の丸の位置が正しいスタート地点なのですが、走行ラインがずれてしまっています。

その結果、本来のスタート地点から計測せずに、青いラインのように近くの別な場所からスタートとなっています。

理由が分かったら考え方は簡単です。ずれたラインを正しい位置に修正してあげれば良いのです。

まずは修正するデータを取り出します。

修正前のライド記録を開き、左ある工具マークをクリックし、「GPXをエクスポート」を選んでGPXデータをダウンロードします(後ほどダウンロードしたデータを修正していきます)。
ダウンロード方法

修正範囲の決定

次に1日の走行全てを修正するなんてできないため、修正が必要なスタート位置の前後データの範囲を次のように決めます。

STRAVAでセグメント一覧のうち、修正しようとするセグメントをクリックして開きます。
修正するセグメント

開いた中の左上にある「分析」をクリックして、分析ページに移ります。
分析をクリックする

このままだと範囲設定がしにくいため、地図の見たい部分を拡大します。
広げる前の地図

正しいスタート位置の少し手前から、少し先までを起伏データの部分でドラッグします(手前位置で左クリックしたまま、少し右へ動かしてクリックを離す)。
ドラッグする範囲

するとドラッグした範囲に色がつくので、スタート地点付近が見やすくなるように縮尺を調整します。
適度に拡大した図

なぜ、こんな事をするかと言えば、範囲をしぼったことで下の方に出ているスピードやパワー欄で細かく時間を指定できるからです。

では修正する範囲を決めます。

下記のような画面配置にして、スピードライン上をカーソル移動させて修正開始位置を決めます。
開始位置決め
この場合は2:11:39の時間から修正することにしました。

同じように修正終わりの位置も決めます。
終わり位置決め
この場合は2:12:43までを修正することにしました。

これにより2:11:39~2:12:43まで修正すればよい事になります。

この時間は日本時間でなく世界標準時間で表現されているので、日本時間で考える場合は9時間足します(今回の作業では気にする必要ありません)。

修正値の決定

次にどの程度修正すればよいかを検討します。

修正するにはデータの緯度経度を変更するのですが、緯度と経度の両方を変更すると倍の作業となるためできるだけどちらかだけで済むように考えます。

今回修正する区間は上下方向にのみ修正すれば済みそうなので、緯度のみ修正します。

上下方向が緯度、左右方向が経度となります。

修正する部分と同じ場所をgoogleマップで開きます。
同じ場所のGoogleマップ

もう一度SRAVAの地図を見て、目分量でどの程度上下に動かせばよいかを道の形から覚えて、
どの程度かを覚える図

googleマップで始点となる場所で右クリックし、「この場所について」を選びます。
始点を右クリックした

すると画面にその場所の緯度と経度が現れます。左の数字が緯度で、右が経度となるのでメモします(今回は緯度だけメモすればよい)。
緯度経度が表示

同じように動かす終点でも緯度と経度を表示させメモします。

メモした経度の差を求めます。-0.000223度の差でした。作業を楽にするため修正値を-0.0002と決定します

修正作業

次にダウンロードしておいたGPXデータメモ帳(windowsなら標準で入っているソフト)で開きます。
GPXデータ

するとこのようなデータが沢山でてくるので、まずは先頭から順にみていって最初に出てくる<time>2019-01-04T01:00:28Z</time>と言う日時を表す部分を見つけます
見つける部分

これでこの走行は2019/1/4の世界標準時間1時00分28秒から開始された事が分かります。

この1:00:28を修正範囲と決めた「2:11:39~2:12:43」に足します。計算すると「3:12:08~3:13:12」となります。

ここでなぜスタート時間を足したかですが、修正範囲はスタート時を0分としての経過時間で、修正するデータは世界標準時間のためです。

次に修正箇所を探します。メモ帳の機能をつかって、編集→検索で検索窓が開きます。
検索方法

この時に検索する方向が「下へ」となっている必要があります。メモ帳のカーソルがある位置より下を検索するときは下へを選びます。この段階では上の方にカーソルがあるはずなので「下へ」を使います。

ここに「03:12:08」と入力して「次を検索」をクリックして検索します。
検索窓へ入力

見つかった時間の場所から、キーボードの矢印キー(方向キー)を使って左に動かすと次のような緯度・経度を表す部分が見つかります
経度緯度の部分
latが緯度で、lonが経度となります。

この経度latの数字から「0.0002」を引いた数字に修正します。35.4182670から35.4180670とこの場合は桁の繰り越しがないので1文字直すだけです。

出来上がったら方向キーでカーソルを右にずらしていく(データが沢山あるので結構先)と新たな緯度・経度が現れます
新たな経度・緯度

これも同じように「0.0002」を引いた数字に修正していきます。

データは「緯度経度、○○、日時、○○・・・」というセットになっているので、3:13:12になるまで同じように作業します。

データは1秒に1つのため、1分の区間を修正するには60か所変更する必要があります。また、途中に停止区間があるとその時間は存在しないので注意。

そして、全て出来上がったら名前を付けて保存します。保存の際に.gpx」の部分は残して前の部分のみ違う名前にします
保存する際の注意
※「.gpx」を残さないとテキストファイルに変更されてしまうので注意。

STRAVAデータの入れ替え

ではこのデータをSTRAVAに戻すのですが、その前にやっておくことがあります。

修正前に保存していたデータを削除します(同じ時間に2つのデータは受け付けてくれないため)。

削除方法はGPXエクスポートを選ぶ時の2つ上に削除があります。
データ削除場所

削除後、アクティビティをアップロード
アップロード方法

ファイルを選択で修正したデータを読み込ますだけです。
ファイル選択場所

これで、セグメントが修正されます。ただし1回で上手くいくとは限りません。

今回も1回ではこのようにスタート位置は変わりませんでした。
1回目の修正結果

そこでスタート位置をもう一度と、誤って認識されている道も修正した結果やっと変わってくれました。
3回目修正結果

ちょっと面倒ですが、慣れればそれほど難しくはありませんのでやってみてはいかがでしょうか?

今回はメモ帳を使いましたが、GPX Editorという無料ソフトを使うとデータが見やすくなります。
GPX Editorでの表示
ただ、このGPX Editorは1か所変更するたびに上書きする時間が長いので私のPCでは余計時間がかかるため使いませんでした。
もしかしたら高性能PCだと時間かからずに処理してくれるかもしれませんので試してみてください。

不明な点などありましたら、下の方にあるコメントにて質問ください。

急上昇ワード

「成城石井」が人気

posted with カエレバ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする