カーボン製シートレールのきしみ音解消(ちょいネタ)

メンテナンス
この記事は約1分で読めます。

現在使用しているサドルはカーボン製シートレールとなっているのですが、ライド中にきしみ音が鳴りだすようになりました。

カーボン製シートレールのサドル

このカーボンレールは取り外して見ると分かる通り、楕円形で縦長となっています。

カーボン製シートレールのアップ

そのためか、レールをやぐらに取り付ける場所の形状(円形の金属レール用)と若干誤差があるようなんです。

シートやぐら

そのためライドの振動で隙間ができてしまうのか、しばらくするときしみ音が出るようになります。

その都度締め直しなどするのですが再発してしまい根本解決になりません。

そこで実はすでにロードバイク1号機では実施済みなのですが、やぐらのレールが乗る部分にゴムシートを挟むことにしました(今回処置しているのは2号機)。

ゴムシート

取り付け場所との大きさの関係は下記のようになります。

縦の長さは少し短めにして、左右は少し大きめにカットしました。

これを左右に挟んで元に戻せば完成です。

ちなみにゴムシートは下側だけと挟んでいます。

下側だけで十分に隙間を埋めるクッション材の役割をしてくれるためです。

1号機でもこの方法できしみ音を防げたため、おろらく改善するものと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました