ステム交換で発注ミス、その原因は?

自転車用品
この記事は約2分で読めます。

先日2か月ぶりにロードバイクに乗ったのですが、久しぶりすぎて何が普通なのか分からないナチュラルな状態でした。

そのため乗り始めは何でも受け入れられる状態だったのですが、途中からハンドル位置に違和感を感じ始めました。

ブラケット位置がどうしても少し遠すぎます

先入観がない状態で乗っていて感じるので、おそらく私にとってずれが大きいのでしょう。

ただ原因は分かっていて、ハンドル交換をした時にブラケットまでのリーチが長くなってしまいました。

ロードバイクハンドルリーチ

リーチの短いハンドルに再度替えるのも手なんですが、エアロハンドルを選ぶとリーチが長いものが多く、短い物を探すと選択肢が減ってしまいます。

そこで今後の事を考えてステムを短くすることにしました。

長さはだいたい目途がついていたので、問題は角度をどうするかです

特に現行から変更する必要もなかったので同じ角度にしようかと思ったのですが、現行の角度が分かりません。

分度器がどこかにあったはずなんですが、見つからなくいろいろ考えてみていたところいい物を発見しました。

simple angle meter

角度測定用のアプリです。

これが今回の測定に適していて、最初の位置でRESETを押すと次位置までの角度を表示してくれると言うものでした。

simple angle meter

多少誤差はありますが、多くのステムで採用している6度か17度かの判断はできそうです。

測定の結果、17度に近いためそれを注文しました。

結果、上が現行ステム、下が新ステムと明らかに角度が違ってしまいました (゚o゚;

新旧ステム比較

これも何かの運命だろうと使ってみようかと思いますが、アプリでの測定には注意してください

後からいろいろな角度を測って確かめましたが、ダメダメです(おそらくスマホの傾きセンサーの精度では限界なのだと思います)。

ちなみに新ステムに使われているネジが1本不良だったため、新ステムについては対応部品が届きしだいお伝えします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました