しまなみ街道サイクリングを行うために検討すべきこと(交通手段、料金、レンタサイクル、宿泊、コース、観光・・・)

サイクリングに興味がある人なら一度は行ってみようかと思うしまなみ海道

私も急に行ってみたくなり、検討を始めました。

検討してみると、当初思い描いていたプランではいろいろと無理があることが分かり、更に調査を進めてベストなプランが見つかりました。

当初考えていたプラン

しまなみ海道の基本ルートは片道約80kmほどしかないため、普段から距離を走っている人なら1日で往復可能だと思っていました。
標準ルート

朝一番の新幹線で向かい、夕方の便で帰宅すれば割と簡単に走行してできると考えていました。

もちろんその際は新幹線輪行マイバイクで走行します。

ところが実際にプランを検討していくと次の点で問題があることがわかりました。
・輪行
・走行ルート
・費用

まず輪行についてですが、新幹線の場合には各車両の一番後ろの席のうしろに置くことがベストです。
新幹線荷物置き場

ただしこのスペースが誰の物でもなく、スーツケースなど大きな荷物がある人が使っている可能性もあります。

もし、そこへ置けなかった場合には乗降通路に置いて、停車のたびに邪魔にならないように移動させなくてはなりません

朝一の便でそんなことになったら、睡眠不足でまともに走れるかが不安です。

次に走行ルートですが、MAPを見てもらえば分かる通り橋以外の部分では内陸部を走行したり、各島の半分以上は不通過となります。
標準ルート

橋さえ見られれば満足という人なら問題無いのですが、わざわざ訪れるには勿体ないと思えます。

費用についてですが、新横浜駅から福山駅までのぞみ指定席とすると片道18000円近くかかります。

必要な費用なのですが、新幹線代だけでも往復36000円と結構な費用がかかります。

改善プラン

まずは交通費を抑えることができないかと探してみたところ、深夜バスがあることが分かりました。
深夜バス料金
ここの検索サイトだと横浜~福山間を最安だと6000円からあったりします(時期や曜日で異なる)。

これなら片道9000円だったとしても、往復18000円で新幹線の片道分で済みます。

ただし、欠点としては
・移動時間が掛かるので当日の日帰りは難しい
・自転車を輪行できない
ことがあげられます。

そこで1泊してみたら費用はどうなるかを調べてみました。
宿泊先
2段ベッドを使用したゲストハウスですが、2900円にて宿泊可能です。

風呂はなくシャワールームだけですが、サイクリストのためのゲストハウスなので自転車の保管場所工具等が整っています。

次に輪行できない問題ですが、しまなみ海道はレンタサイクルが複数あります。

まず一番リーズナブルなのがしまなみジャパンが運営するレンタサイクルです。
しまなみジャパン料金
ロードバイクはありませんが、クロスバイクが1000円からレンタルできます。

ただ、調べてみると車体のメンテナンス状態が不良で長距離走行には適していません(ちょい乗りには良いですけど)。

次にリーズナブルなのが、THE RED BICYCLESさんです。
THE RED BICYCLES
ここは自転車屋なのですが、レンタサイクルも用意しています。

車両はロードバイクのみで、Merida製の一番安価なモデルになります(2日で6000円)。

しかしながらパンク修理キットヘルメットワイヤーロックライトまで用意されているため、持ち込むものが少なくて済みます

最後はGiant直営店でのレンタルになります。
Giantレンタル料金

こちらは種類も多く、クロスバイクなら2日で6500円、ロードバイクなら8000円~でレンタルできます。

体に合うように車体のサイズを複数用意していて、車種もカーボンロードまで選択できます(高いですけど)。

ここまでの費用の合計は、バスが平均的な片道80000円×2、宿泊2900円、レンタルバイク6000円で24900円と新幹線代よりも安くなります。

宿泊することで時間的に余裕ができたためルートも検討し直しました。

できるだけ海岸線をぐるっと回るようにして、行きも帰りも海側を走れるようにルートを作ってみました。
<行き>https://www.strava.com/routes/20033744
しまなみ海道ルート

<帰り>https://www.strava.com/routes/20034301
しまなみ海道ルート

合わせて観光スポットやグルメスポットなどを地図にしたので参考にしてみてください。
https://drive.google.com/open?id=1Ik52cQXVnwxpID9g-uWDlAXXT-BTA4LO&usp=sharing
しまなみ海道スポット

まとめ(準備するための手順)

①天候を確認して訪問日を決定する

②バスの空席情報&値段、宿泊先の空き情報、レンタサイクルの残数情報を仕入れて問題がなければ順次予約します。
※キャンセル料は深夜バスが早めから発生するため、最後に予約すると良いでしょう。

③ルート作成

リンク先

バス検索(バス比較なび):https://www.bushikaku.net/

宿泊先(シクロの家):http://www.cyclonoie.com/
宿泊先(みなとみなと):http://www.namitominato.com/

レンタサイクル(THE RED BICYCLES):http://2shimanami.com/
レンタサイクル(ジャイアントストア尾道):https://bicyclerental.jp/area/hiroshima/8/

評価の高い自転車パーツをご紹介

数日中に訪れる予定のため、帰宅後に実際の状況をブログにアップします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする