ディープリムホイールのオイル汚れ

メンテナンス
この記事は約2分で読めます。

ディープリムホイールを使いだして清掃時にいつも気になっている事があります。

リムブレーキであるため毎回リム表面も清掃しているのですが、リヤホイールの表面に油分が積み重なっていきます。

ディープリムホイール
汚れは見た目ではわかりにくいと思いますが

フロントはあまり油分が付かないのでチェーンからの影響だと思われますし、リム高が低いホイールではそれほど気になりません。

水拭きだけでなく定期的にパーツクリーナーを付けたウエスで拭きとっているのですが、拭き取りきれなかった部分などが徐々に堆積しているようです。

先日、別のホイールでチューブレスレディのシーラント剤を流す際にホイールだけ洗ったところ、表面の油分が綺麗に無くなりました。

それで気づいたのですが、必死に拭きとりするよりも洗ってしまった方が簡単ではないかと……

ということでホイールを外して洗浄することにしました。

ディープリムホイール
せっかくなので前輪も一緒に

洗浄用具は台所用洗剤(中性)スポンジとなります。

桶はチェーン洗浄で使っているもの

作業は簡単で洗剤水を作ってスポンジで洗ってあげるだけ。

ディープリムホイールの洗浄

油汚れがスポンジについて落ちていくのがわかります。

洗う時はリムだけでなくスポークも丁寧に油を落とします(スポークにも油がついていて空気抵抗になっていそうだから)。

そして洗い上がりがこんな感じですが、指の表面でこすると「キュッキュッ」と抵抗音が出るほど綺麗になっています。

ディープリムホイールの洗い上がり

作業はこれで終わりなのですが、折角なので表面にコーティング剤を塗ってしまいました。

ディープリムホイールへのコーティング

バリアスコートを塗っているのですが、当然のことながらブレーキシューが当たる部分には塗らないようにしています。

売れているカーボンホイール

毎回細かいところまで清掃しているよりも、たまに洗ってしまった方が楽ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました