フロントギアを適応外の組み合わせで組んでみました

自転車用品
この記事は約3分で読めます。

今回はちょっと変な事をやってみました。

とは言ってもウケ狙いとかでなく、必要があってやってみたことです。

やってみたのは、セミコンパクトのインナーギアだけコンパクトギアに変えてみました。

もう少し分かりやすく言えば、52/36のギアのうち3634に取り替えて52/34の組み合わせにしてみました。

ご存じのようにフロントディレイラーにはキャパシティーがあって、R9100の場合には16Tとなっています(おそらくロード用の他グレードも一緒かと)。

すなわちアウターギアとインナーギアが16T以上離れてしまうとまともに変速しませんよって事になります。

そこで今回試した52/34の差は18Tになるので適応外となりますが、限定的な使い方をするのでその点は大丈夫です(これについては最後に)。

交換作業

まずは邪魔なチェーンを外してしまいます。

私はミッシングリンクでチェーンを繋いでいるので取り外しが簡単ですが、チェーンを切らなくても作業はできます(ちょっと邪魔ですけど)。

ミッシングリンク

次にチェーンリングとは逆のクランクを外すため、左クランクのボルトを2つ軽く緩めます。

クランク外し

作業はバイクを逆さにして行っているため、ここからは逆向きの写真となっています。

次にクランクキャップを専用工具にて取り外します。

クランクキャップ外し作業
kここのこ

次に左クランクの割りの隙間に細い工具などを差し込んで、外れ防止プレートを持ち上げます。

クランク外れ防止プレート

左クランクを手前に引っ張ると取り外すことができます。

左クランク取り外し

外れない時は裏側からプラスチックハンマーで軽くたたくと良いでしょう。

右クランクは軸をプラスチックハンマーでたたいてあげれば外れます。

右クランク取り外し

外した右クランクに取り付けようとしている34Tのギア(シルバー)を乗せてみました。

チェーンリングの大きさの違い

たいした差ではありませんが、アップにすると違いがあるのが分かります。

チェーンリングの大きさの違い
違いと言ってもこの程度ですけど

後はボルトを外して付け替えるだけですが、ここで注意が必要です。

チェーンリングを固定しているボルトですが、シマノ標準だとトルクス形状(星形)となっています。

私もはじめに六角レンチを使ってしまったのですが、間違えないようにしましょう!

後は元通りに組み直せば完成です。

ちなみにチェーンリングボルトの締め付けトルクは12-16Nm、左クランクのボルトは12-14Nmとなっています。

出来栄えチェック

気づかれた方もいるかもしれませんが、今回R9100に移植したインナーは5800型の105のインナーとなります。

重量も測ってみたのですがR9100が31.1gだったのに対して、5800は32.7gでした。

チェーンリングの大きさ

サイズが大きなR9100の方が軽いのはさすがデュラというところでしょうか。

ところで一番気になる変速性能ですが、こんな感じになります。

適応外のチェーンリングの組み合わせ

一応変速はできますが、アウターへ切り替わる時に一瞬チェーン詰まりを起こします

また、インナーに切り替わると落差が大きすぎてチェーンが波打ちを起こしてチェーン落ちの危険性が高まります。

これを見る限り実走行ではとても使い物になりませんね。

オーバルチェーンリング

ところで今回の使用目的ですが、富士山のあざみラインでの使用に限定されます。

現地までは自動車での移動となるため、アウターギアは一切使わずに済むため(あざみラインでアウター使う余裕なんて無いです)のイレギュラー使用となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました