チューブレスレディタイヤが急にひび割れた!(ちょいネタ)

自転車用品
この記事は約2分で読めます。

ロードバイク2号機で走行後にタイヤを見てみると薄っすらと亀裂のようなものが見つかりました。

2号機は一時期ヒルクライムでのタイムアタック専用としていたこともあり、年数のわりに走行距離が短いためタイヤの使用期間が長くなっていました。

そのため少しくらいは亀裂が起きても仕方ないかなぁなんて軽く考えていたのですが、次の走行後には亀裂は全周に渡り、かつ片輪だけだったものが両輪とも発生していました。

そこであらためてよく確認してみると、最初に亀裂が起きた前輪で一番ひどい部分は下記のような状態です。

チューブレスレディタイヤのひび割れ

なかなか豪快に割れていますね。

後輪も確認してみたのですが、一番ひどい場所は同じような状態でした。

チューブレスレディタイヤのひび割れ

タイヤの摩耗度を確認してみたところインジケーターはまだ残っています。

チューブレスレディタイヤのインジケーター

このタイヤは納車時からついていたものなので、ショップなどの保管期間も考えると最大5年近く経っている可能性があります。

さすがに危なそうなので交換することにしました。

幸い次のタイヤはすでに購入済みのため、すぐに交換が可能です。

GP4000 の発売から10 年以上の時を経て、さらなる性能を向上させた『GRANDPRIX5000』

ただ、チューブレスレディ内のシーラントが固まっているかどうかが気がかりです。

もちろん途中でシーラントは入れ替えしていますが、固着が始まっていると作業が面倒ですからね。

それにしてもタイヤの亀裂って一気に進むものなんですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました