BRYTONサイコンでフリーズしてしまった時のリセット方法(基本&応用)

先日、BRYTON Rider450がフリーズ状態になり、電源を切ることも、リセットしても同じ状態のループにおちいりどうすることも出来なくなりました

いろいろ試した結果、回避方法を見つけましたのでBRYTONユーザーのために紹介しておきます。

発生状況

同じトラップにはまらないように状況を簡単に説明します。

まずRide with gpsにて走行ルートを作り、それをPCにダウンロードしました。
ルートデータ

この「ぐるっと・・・」ファイルがそうなんですが、これルート案内として利用するためBRYTONサイコンのExtraFiles内にコピーしました。
BRYTONサイコンのファイル

これでサイコンへのルート移行が済んだので、サイコンを立ち上げたところ、
サイコン画面

この矢印が回っている状態(データ読み込み中)のまま、いつまで経っても終わらなくなってしまいました

電源ボタンや他のボタンも全く受けつけないので、電源を切ることもできなくなりました。

復帰方法

マニュアルには書かれていませんがリセット方法として、左にある上下ボタンを同時押しのまま、右上のOKボタンを1回押します。
サイコンリセット方法
※リセットが始まるまで数秒かかりますので、OKボタンは1回だけ押して様子をみましょう

普通これでリセットされて正常に動き出すのですが、今回はダメでした。

一旦リセットするのですがその後元の画面になるだけで、終了することもできません。

そこで別なエラー時に効果のあった電源を差し込みながらリセット作業を数回行ったところ正常に動き出しました。

原因の確認およびまとめ

リセットに伴いルートデータが無くなっていたため、何かルートデータに関わるエラーだと推測し、あらためてデータを前とは違うSTRAVAにて作成しました(ルートも一部変更)。

そのデータをサイコンに取り込んで起動してみたところ、まったく同じエラーが起きました。

ここで何となく原因の予想がついたので、データ名「ぐるっと丹沢・大山×宮ヶ瀬スタンプラリー.gpx」のうち、赤字の部分を削ってみました。

「ぐるっと丹沢.gpx」と名称を変えただけでしたが、それでエラーは起きなくなりました。

結論としては「・」または「×」の文字がエラーを起こしていたようなので、これらの記号はルート名には使わない方が良いでしょう。

それでもエラーが起きた場合は、まずは3つボタン押しでリセットを数回やってみる。

だめなら電源繋ぎながらリセットを数回行うことで回復すると思います。

余談ですが、外部で作ったルートをExtraFilesにコピーした後、最初の起動時にそれをサイコン用に変換してTracksファイルに移すことが分かりました。
データの移行

シェアする

フォローする