ツールボトル新調<ちょいネタ>

いままで使用していたツールボトルが不調になったので、新たなツールボトルを購入しました。

ツールボトルにはプラスチック製の物もありますが、
ツールボトル

このタイプだと奥に入れた物を取り出しにくいうえに、ケース内に隙間があると走行中にガシャガシャと揺れてうるさかったり工具等が傷ついたりします。

そのためクッション性のある素材で左右分割できるタイプを使用してきました。

左が前回まで使用していたもので、右が今回購入した品です。
ツールボトル

買い替えの理由は、開閉部のチャックの動きが悪くストレスになってきたからです。

中の構造も同じようなものを選びました。
ツールボトル

ただ、見てもわかるように若干新しい物の方が幅が広くできています。

そのため、いままで入れていた道具などは楽に入れることができましたが、
ツールボトル

ボトルケージへ挿入するときにちょっと抵抗が大きめでした。
ボトルケージ

ただ、2~3回使用しているうちにそれほどきつくなくなってきたので、問題なく使用できています。

パンク修理キットやワイヤー錠などを入れておくのに便利

また、この品はチャック部分も含めて防水性があるそうです(ネット上でテストして防水性を確かめている人もいました)。

中華系の品ですが、問題なく使用できそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする