安くて便利そうなスマホホルダーを使ってみた<ちょいネタ>

クロスバイクなどでは有ると便利なスマホホルダーですが、スマホの機種変更に伴い買い換えました。

多くのスマホホルダーは大きさの関係で機種が限定されるため、機種変するとホルダーも買い替えなくてはなりません。

改良が進んで固定力に不安があるものが減ってきたため、今回はお安いものをチョイスしてみました。

購入品&使い方

今回購入した品は、1パーツでできたゴム製のホルダーです。
スマホホルダー
サイズが数種類あるので、自分のスマホサイズに合わせて選んでください。

使い方は、ベロの部分を本体の裏を通して、ベロの穴にフックを掛けて留めます。
スマホホルダー
写真ではハンドルに巻いていませんが、ハンドルのサイズに合わせて少し引っ張るくらいにフックします

実際にハンドルに装着するとこのようになります。
スマホホルダー装着状態

スマホを装着した状態はこのようになります。
スマホホルダー
イメージしたよりもゴムの掛かりが浅いのですが、このように引っ張られた感がないと逆に外れそうです。

なのでこれで正解なんだと理解しました。

使ってみての感想

実際に取り付けるとこのようになり、視認性などは全く問題ありません。
スマホホルダー使用時
ゴム製であるために、路面が荒れたところではスマホが揺れます。

ただ視認性に影響があるような揺れではないので、むしろスマホへのダメージを減らしてくれるかもしれません。

ただ、揺れが続くと寝かしておいたスマホが回って、立ってきてしまいます。
スマホホルダー使用時
これはハンドル表面の滑りとホルダーとの相性だと思うので、滑り止めを貼ってあげれば防げると思います。

では使用してみての利点と欠点ですが、

<メリット>
・走行中のスマホの視認性や操作感は全く問題なし
・スマホケースをつけたまま装着できるため便利
(ハードタイプの場合はケースをいちいち外さないと装着できない場合がある)
<デメリット>
・駐輪時や写真を撮りたい時に、取り付けがやや面倒
(スマホに引っ掛ける部分を伸ばしながら装着しなくてはならないし、上下左右均等に伸ばさないと外れそうな気がする)
・長期間使用しているとゴムの劣化が心配

まとめ

走行中に写真を撮るとか、たびたび駐輪するのにはスマホの脱着がちょっと面倒ですが、それ以外は特に不都合はありません。

クロスバイクなどに最適

似たようなタイプでもスマホの固定が不十分そうなものもあるので気をつけてください

今回のタイプは割とお安いので試してみても良いと思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする