GHOST XLカメラの風切り音対策(ちょいネタ)

自転車用品
この記事は約2分で読めます。

最近アクションカメラを新しく買い替えた事はお伝えしましたが、このGHOST XLカメラで走行動画を撮影すると風切り音がすさまじいため対策をしました。

やり方は旧カメラであるGHOST Xの時に行った方法と同様にすることにしました。

ということで部材を探してみたのですが、当時使ったようなスポンジとして適切なものが見つかりません。

そこで手っ取り早く旧カメラに貼り付けていたものを剥がして再利用することにしました。

アクションカメラの風切り音対策資材
旧カメラから綺麗にはがせました

ゴム全体でマイク穴を塞ぎ、後方を少し浮かせて音の通り道を作り、巻き込んでくる風をスポンジが防ぐものとなっています。

貼り付ける場所はカメラ前方にあるマイク穴の上です。

アクションカメラのマイク穴

ちなみにマイク穴の周りにネジが2つあって開けることができそうなんですが、ネジが緩まないんですよね。

開ける事ができれば中でなにか細工ができるかもとも思ったんですけどね。

貼り付け方法は接着剤がベストです。

接着剤の別なところに出して、尖ったもので少量塗る

以前、両面テープでもやってみましたがすぐ剥がれてしまいます。

ゴム板の3辺の端のみに接着剤を塗って貼り付けします。

出来上がりはこんな感じです。

アクションカメラへ風切り音対策実施後

横から見てもたいして出っ張りもないので違和感は無いですね!

アクションカメラへ風切り音対策実施後

次回走行時に効果を試してみたいと思います。

(追記)どうやらXLではマイク感度が良くなったためか、この対策では不十分とわかりました。次の対策を検討中

コメント

タイトルとURLをコピーしました