初級者におすすめ丹沢湖ライド(中級者以上へのオプションあり)

今回は神奈川でのツーリングでトップ3に入るおすすめルートです。場所は山北駅から丹沢湖まで綺麗な川を眺めながら走れるコースです。ルートも裏道を多く使うため自動車通行量も少なく、傾斜もきつくないため初級者でも走行できるでしょう。

ルートはログがうまくとれなかったため、ルートラボにて案内します。
https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=590b76b5803d821f65247e7939def56f

走行はロードバイク1号車

山北駅~丹沢湖

まず出発地点は山北駅ですが、電車での輪行で来た場合には北口が栄えているので良いでしょう(駅前は広く空いているので組み立て場所で困ることはありません)。
私のように自走で来た方も北口駅前の山北町観光協会に寄ってみるとよいでしょう。
山北町観光協会

特に何があるわけでもありませんがレトロな建物を鑑賞できますし、空調の効いた室内で冷水とお茶(hot)が無料で提供されていますので休憩所として使えます。
室内

準備が整ったら丹沢湖へ出発です。途中までのルートを切り出したので参考にしてみてください。
地図

まず、駅前から1本向こう側の76号線に出ます(①)。駅前の道は駅に向かって左右とも一方通行なので、向こう側の道に出ないとすすめません。
76号線を左に進むと国道246号線と交差するので、右折してトンネルを通った先の信号を右折して76号線に戻ります(②)。2段階右折を2回するのが面倒ですね。

ここからが丹沢湖へのおすすめルートです。動画にてどうぞ!

動画の中にもありましたが、途中に道の駅・山北があります。駐車場の横にバイクラックも設置されています。
バイクラック

ここは小規模ながらレストランが併設されています。ただ座席が数個しかないため、昼時は順番待ちになります。残念ながらすでに並んでいたので、売店にて調理パンを購入しました。
室内
自販機近くに休憩場所があり、そこで食しました。ここまでの走行で先導してもらった方も休憩していたので少しだけ話をさせていただきました。

道の駅の川の向こうはキャンプ場となっていて、多くの人が訪れていました。
キャンプ場

丹沢湖周回&オプションルート

動画の最後のトンネルを出て、右折して丹沢湖周回ルートに入りました。ルートは反時計回りで下記のようなルートとなります。
地図3

まずは右折してすぐの丹沢湖の様子です(③)。
丹沢湖
山々に囲まれて静かな雰囲気です。

周回路は左手に丹沢湖を見ながら自然の中を走る事ができます。
周回路

周回路の右端まで来ると(④)建物が現れます。湖畔近くで唯一のキャンプサイトです。
丹沢湖キャンプサイト

通常、この先の橋を渡って周回を続けるのですが、今回は右側の登坂ルートを周ってみることにしました。何も無い荒れた道をひたすら上っていくと1台の駐車車両があり、何か事件めいたものを感じてドキドキして通過しました。
登坂ルート
この車には先で抜かされて、運転手が山道の確認をしているのを見かけました(役所の人?マニア?)。

登坂ルートの折り返し場所で橋が現れます(⑤)。
橋

橋から見た川ですが、水量は少ないのですが手前の部分で凄い落差があります(写真で伝わるかな?)。
川の落差

見晴らしがきくところから確認すると湖畔から結構上ってきたことがわかります。
見晴らし

細い道をさらに進んでいくと
細い道

急に住宅地が現れて驚かされます(⑥)。この地域のみ地元の方が住んでいるようです。
住宅地

周回路に戻って橋の上からみた上流です(⑥)。
上流
この橋から先は一方通行となります(なので周回の際は反時計回りしてください)。

一方通行の途中にある駐車場近くは紅葉が綺麗な場所です。以前訪れた時の写真ですが、紅葉の時期も素敵です。
もみじ

西丹沢へ(中級者以上)

ここまで走行してきて余裕がある方は更に上流の西丹沢へのルートがあります。
地図4

中川川(なかがわがわ)という変わった名前の川に沿って上流の西丹沢に向かいます。
76号線
ちなみにここも76号線

この道は片側通行しかできない狭い場所などあったり、アップダウンが繰り返したりで脚を削られます
狭い道

箒杉(ほうきすぎ)の看板が見えたら、左の坂を上ると大きな杉が現れます。
箒杉へ

樹齢2000年、高さ45m根回りが18mもあるため近くによると写真には納まりません。
箒杉
まずは、ここまで目指すと良いでしょう!

まだ体力に余裕がある人はさらに奥のキャンプ場を目指しましょう。
まずはすぐ先にある大石キャンプ場ですが、橋の上から見ただけで
橋の上から

その清らかさが分かります。
清らかな川
あまりの暑さに飛び込みたくなりました。

その後もキャンプ場が点在し、どこも大入りのようです。狭い道があるにもかかわらず、バスも走っています。
バス

上り続けていたところ、白石オートキャンプ場の先で通行禁止の看板が現れました(⑧)。
看板
登山者が下りてくるのでまだ先まで行けるのですが、きりが無いのでここまでとしました。

下りだしてすぐの場所で我慢できず、川に入りました。
川の中へ
透明すぎて分からないかもしれませんが、10cmほど水があります。

清流を貸し切り状態でクールダウンしました。もちろん頭も水に浸かりスッキリ!
清流

もう動きたくない気持ち良さだったのですが、時間も無いので仕方なく身支度をして走り出しました。途中、西丹沢ビジターセンターに寄ってみました(⑨)。
西丹沢ビジターセンター

ここは登山用の案内所なので山についての紹介があるくらいでした(アイスなども販売)。
室内

三保ダム

丹沢湖の周回路まで下り、永歳橋を渡った先に
永歳橋

三保ダムがあります。
三保ダム

ダムを正面から見るためにはどこまでも続く折り返しの坂を下まで降りる必要があります。
折り返し坂
ただし、この坂は自転車走行禁止なのでずっと歩いて下りなくてはなりません。ちなみに下りた先は芝生が広がる公園です。

いかがでしたでしょうか?山北町は初級者から上級者までコースを選んで楽しめるエリアだと思います。季節も春はもちろん、真夏でも川沿いはいくらか涼しく、秋は紅葉が楽しめます。ぜひ一度訪れてみてください。

サイクルウェア 秋

サイクルウェア

posted with カエレバ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする