Giantのカーボン用ブレーキシューを購入(ちょいネタ)

自転車用品
この記事は約2分で読めます。

私はGiantバイクユーザーなのでGiant製ブレーキシューを買うことは全く不思議ではないのですが、Giantにこだわりがあるわけでもなく、かつGiant製ブレーキシューに関心もなかったので以前は検討さしたことがありませんでした。

ところがロードバイク2号機についている純正カーボン用ブレーキシュー(2号機は標準でカーボンホイールを履いているため純正がついている)を1号機に付け替える機会があったのですが、その時の印象がとても良かったので1号機にも導入することにしました。

購入したのはこのSLR WHEEL SYSTEM BRAKE PADS FOR CARBON RIMというブレーキシューです。

このブレーキシュー、2個入りで¥2,500とGiantにしてはお高くなっています。

その値段だと市販のシューでも高価な部類に入ると思いますが、当然の事ながら音鳴りなどしなくて良く止まり、かつ減りも少ないのでなかなか優秀です。

もちろん減りが少ないからと言って特に攻撃性が強いこともありません(リムの状態を見る限り)。

まずは先に減ったリヤから交換してみました。

ワイヤーの遊びを減らしてあるのでクリアランスがギリギリです。

ところでリヤが先に交換となったのは、使用途中で前後入れ替えているためたまたまリヤ(元フロント)が先に無くなっただけです。

使ってみての感想としてはやはり以前のシューよりも食いつきがよく制動力があり音鳴りもありません

耐久性は長期間見ないとわかりませんが、2号機の具合をみるに長寿命だと予想されます。

このブレーキシューはGiantの中の隠れた名品かもしれません

コメント

タイトルとURLをコピーしました