ディレイラーハンガー修正画像が出てきた(ちょいネタ)

メンテナンス
この記事は約1分で読めます。

もう9月の事なので忘れかかっていましたが、曲げてしまったディレイラーハンガーの修正品と新品との比較画像を撮っていたのを思い出しました。

たいした内容ではないのですが、どんなものだったのか少し紹介したいと思います。

起きた状況を説明すると、走行中にチェーンがプーリーから外れて、その勢いでディレイラーハンガーを曲げてしまいました

帰宅後にディレイラーハンガーをペンチのみで曲げ直したが、念のため新しいハンガーに交換したという状況です。

その時の新しいハンガーと、修正したハンガーがこちらです。

当然の事ながら左が新品で、右が修正品です。

右のネジ部の塗装がはげているのは、ペンチで挟んだことによる傷です。

逆側から見た方が挟み傷が凄いですね。

では修正により角度はどうなったかですが、こんな感じと

こんな感じです。

傷のある下側が修正品なのですが、ちょっと見たくらいでは分からないくらいには修正できています。

専用の修正機が無くても使えるレベルには修正できますね。

ドラ
ドラ

でも傷だらけニャ~

その点はタオルなど挟んで掴めばよかったかと反省しています。

ちなみに修正済みのハンガーは、出先でのハンガー折れ時の予備としてツールケースに入れてあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました