ドロップハンドルが回ってしまうので対処してみました(ちょいネタ)

ステム固定自転車用品
この記事は約2分で読めます。

昨年末にオーバーホールをした時にハンドルを交換したんですが、それ以来たびたびハンドルが回ってしまうようになりました。

普通に走行している時は問題ないのですが、路面が悪く凹みがあった時にハンドルへ荷重していると、前転方向へ軽く回ってしまいます。

カーボンハンドルなのであまり強く締め付けしたくなかったため、当初4Nmから5.5Nmくらいまで締めて発生頻度は減ったのですが、やはり強い入力が路面から入ると回ってしまいます。

そこで回ってしまう要因を確認してみたところ、まず気になったのはステムの表面です。
ステム

ハンドルを挟む内面は梨地加工されていますが、摩擦抵抗が低くそうなため、ここを何とかするべきだと分かりました。

そこで所持しているゴムシートをステムに合うようにカットして、
ステム

間に挟むことにしました。
ステム

これにより発生頻度は更に減ったのですが、やはり無くなりはしませんでした。

締め付けも強めにしているのですが、どうしてもサイコンマウントを挟む筒状のスペーサーがアルミ製のため密着力が上がらないようです。
ステム固定

他に何か対策はないかと考えていたところ、抵抗を増やす方法を思いつきました。
ゴムシート研磨

挟み込むゴムシート表面を荒らせばいいのではないかと。

さっそくヤスリにてシート表面を削り、洗って削りカスを取り除いて同じように取り付けました。

結果は、まったく回ることが無くなりました(今のところ)。

まずまず成功だったのではないでしょうか!

SNSでもらった意見だと、素直にケミカル類に頼った方が安全ではありますね。

コメント

  1. これを塗ると、締め付け合わせた面と面との摩擦を増やすことができます。
    FINISH LINE FIBER GRIP (フィニッシュラインファイバーグリップ)
    例えばアマゾンならこれです。
    https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0012RIEM6/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o05_s00?ie=UTF8&psc=1

    • CycleTV より:

      ありがとうございます。最終的にはケミカル類を購入しようかと思っていたのですが、手持ちの物で何とかならないかと試してみました。

タイトルとURLをコピーしました