STRAVAクラブのコース下見のついでに、湘南国際村と葉山教会にチャレンジしてきました

今回はSTRAVAクラブの8月紹介コースの下見に行ってきました。

8月紹介部分はまだお伝えできないのですが、それ以外にもいろいろありましたのでそちらをお伝えいたします。

今回のコースは下記の通りで、ロードバイク1号機にて行ってきました。
https://www.strava.com/activities/2516571913
ルート

塚山公園&コロボックル

金沢八景までやってきましたが、今日はよく脚が回っているように感じます。
金沢八景近辺
調子が悪かった胃が改善してきたので錯覚しているのでしょうか?

斜め左に行けば塚山公園の展望デッキなのですが、今回は行く人も少ない右斜めに行きます。
塚山公園

しばらくは普通の歩道なのですが、
塚山公園

トイレ建物正面の赤い道を進むと、滑りやすい下りとなります。
塚山公園
もちろん危険なので、ここからは徒歩です。

この先、階段が現れるのでチャリはここに駐輪していきます。
塚山公園

階段と言ってもこれですから。
塚山公園
ほとんど草しか見えませんが、わずかに人が通った形跡があります。

短い距離ですが、何か所か草むらに隠れた道を進みます。
草に埋まった階段

草むらを抜けると住宅が現れて、人の気配のある階段が現れます。
細い階段
ここでも十分に秘境感がありますけど。

目的地の看板が現れました。
目的地の看板
童話作家・佐藤さとるさんの生誕近く、この場所に私設の野外図書館があります。

自宅を兼ねた図書館の周辺に人形が置かれ
コロボックルの小径

週末には庭先に童話が展示されます。
コロボックルの小径

今日は閉館で、管理者と思われるご夫婦が庭でお茶をしていました。
コロボックル野外図書館入口
この場所の雰囲気が童話の世界のようでした。

湘南国際村

ここからまだ紹介できない区間が続くので、一気に湘南国際村の上り口まで移ります。

ここしばらくタイムアタックしていないので、自分の成長具合が楽しみです。
画質が悪い時は720pに切り替えての鑑賞ください

今回ダンシングを多分に入れたため、ゴール後の疲労感が非常に少なく済みました

ただ、タイム的には2秒短縮しかできず残念。

ドラ余裕があるなら、もっと頑張ったらどうニャ~

いや、ところが走っている時はさほど余裕は無かったんだよ。

もし、これ以上スピードを上げていたら途中でオールアウトするか、心拍がきつくなりすぎて失速していたでしょう。

もう一本走ったら過去に比べて圧倒的に早くなりそうだが、1本勝負のタイムだと差が開きません。

おそらく斜度に対しての筋力が足らないため、平均速度を上げて走りきることができないのだと思います。

葉山教会

次の目的地が見えてきました。
目的地の小山
目前の小山の上が目的地です。

そう、激坂で有名な葉山教会です。
葉山教会の激坂

平均16%、最大29%の激坂で路面も悪く非常に過酷な場所です。
葉山教会の激坂

初心者だった頃に一度来て撃沈して以来なので、本当の厳しさを知りませんでした。
葉山教会の激坂

今回4回チャレンジしています。

そのうち3回の動画をご覧ください(3回目は電池切れして画像なし)。

順を追ってみていただいた方がこの坂の凄さ攻略のコツが分かるかと思いますが、最後のアタックだけで良いという方は1分55秒よりご覧ください。
画質が悪い時は720pに切り替えての鑑賞ください

今回は落ち葉と前日の雨での湿り気という悪条件のため、使える道幅に制限が掛かった状態でした。
葉山教会の激坂

さらにビンディングの固定力は最弱設定&マルチプレートSPDなので、ちょっと無理な方向に力を加えると外れてしまいます。
葉山教会の激坂

何回かアタックして、クリアするためのコツが分かりましたのでご紹介します。

  • スタート時に勢いをつけて何とかしようとしても無駄。難関ゾーンに入る前に勢いは無くなり息切れだけが残る。
  • 最初から斜めに走るようなイメージでいると方向転換の時に失速。いくらか蛇行する程度で上る必要あり。
  • 前後輪の荷重分配を絶妙に行わないとウィリー後輪スリップ発生。
  • ダンシングでもペダリング中のトルクを一定にジワっと掛けないと、後輪がスリップし回転が止まり失速。
  • 難関ゾーンでも斜度に惑わされずに、目の前の路面とのコンタクトだけに集中することが大事。
評価の高い自転車パーツをご紹介

頑張ったご褒美に逗子にある「E.S.(エス)」と言うパン屋さんに寄りました。
E.S.
なかなかの人気店らしいです。

今回購入したのは「ガーリックフランス」と「フォカッチャのオリーブ」でした。
E.S.
ともにハード系だったため食べにくいかなと買ってから後悔したのですが、しっかりしているのに食べやすく軽く完食してしまいました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする