夏に向けてのアームカバー&レッグカバー選び(日焼け防止)

気温も上がって太陽光も強くなってきたので考えないといけないのが、日焼け対策です
顔などは日焼け止めを塗るとして、手足はどうしていますか?
男性のロードバイク乗りは使っても日焼け止め程度でしょうが、個人的にはアームカバーとレッグカバーをおすすめします。
アームカバー&レッグカバー
これが今まで使用してきたものですが、色あせてきて、ほころびも目立つようになったので今回買い替えを検討しました。

今までこれらを利用した事の無い方のために、利用してみてのメリットをお伝えします。

アームカバー:一番のメリットは日焼け防止です。いくら日焼け止めを塗っていても、それだけでは何回もライドをしていると日焼けします。しかしカバーをしているとほとんど焼けません。また、冷感素材を使っていると、真夏には素肌よりも涼しく感じます。逆に春や秋の肌寒い気候の時には防風効果で素肌より耐えられます。そして路肩から雑草がはみ出していても、気にすることなく端に寄って走行することができます(これ、道の狭い道路や、雑草が多いところですごく有効です)。また、あまり無いことですが、壁に寄りすぎて腕を擦った時など怪我をしないで済みます(私は1度ありました)。

レッグカバー:アームカバー同様に日焼け止めとしての効果があります。男性の場合はすね毛の処理が不要になります(これが一番楽なんですよ)。また乗車していない時に、自分の自転車にぶつけて切り傷になるのを防いでくれます。

もちろんデメリットもあります。共通内容なので合わせてお知らせします。

サイズが合わないと走行中にずれたり、締め付けがきつくて肌荒れを起こしたりします。洗濯物が増えます(当たり前ですけど)。

さて、どうでしょうか?デメリットがあまり無いにもかかわらず、メリットが多いいと思いませんか!いままでのスタイルに慣れてしまった人には抵抗があるかもしれませんが、一度検討してみても良いのではないでしょうか。

では実際に品物を選ぶ際に、どの点に注意すべきか説明します。
まずはレッグカバーですが、サイズが重要です。単にMやLと言う事でなく、太もも部分のサイズが自分と合っている物を選ぶ必要があります。
レッグカバー装着時
写真でのゴム部分の太もも部分の外周になります。この位置は製品により若干異なり、もう少し膝寄りの物もあります。ただ、多くの製品がだいたいこの位置くらいになるものが多いので、このあたりで計測してみてください(ショートの短パンよりも短いくらいの位置です)。
また、このゴム部分の材質も重要になります。あまり締め付けしすぎず、かつ緩まない工夫がされているものである必要があります。安い物はそのあたりの出来が今一つで、サイズの適応範囲が狭いように感じます。
よってレッグカバーに関しては、大手メーカー品を選んだ方が良いでしょう。パールイズミ製は使って見て良くできていると思います。
その他でUVをうたったものがありますが、レッグカバーに関してはあまり意味がないように感じます。また、脚の動きがスムースになるように自転車用のレッグカバーを選ぶことをおすすめします。

次にアームカバーですが、やはり腕の部分のサイズが重要になってきます。
アームカバー装着時
写真での肩に近い部分の太さになります。写真の品は使い込んでゴム部が伸びてきたために、糸で縫い詰めてあります(このように詰めることは可能です)。
脚に比べると腕の動きは少ないために、アームカバーは大手メーカー品にこだわらなくても良いと思います。特に冷感素材などを使ったものを選んだ方が快適に使用できると思われます。

まとめ

以上の内容を整理すると、
①レッグカバー、アームカバーともにサイズはこだわりましょう。部位の細かいサイズ表記が無い品は注意しましょう。
②レッグカバーについては、できれば大手メーカー品を購入しましょう。脚は動きが大きいのでゴムの出来がよくないとずれ落ちてきますし、動きを邪魔しない立体成型品などがおすすめです。
③アームカバーは冷感素材を使っていると快適です。

サイクルウェア 秋

サイクルウェア

posted with カエレバ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする