栄区オープンガーデンに初潜入

先週、瀬谷区のオーブンガーデンに行ってきたのですが、地元の栄区については日程が合わずに過去1度も行けていませんでした。
庄戸地区⑨

そこで今回初めて訪れることにしたのですが、別地区でのオープンガーデンとは勝手が違う点がいくつかあって迷ったりしました。

桂台地区

まずは桂台地区の地図を手に入れるために、矢沢コミュニティハウスに向かいました。
矢沢コミュニティハウス
開催日当日ですが地図は地域の資料の1つとして置かれていて、受付の人に聞かなければ分からないほどでした。

まずは地図にある一番近い場所に伺ったのですが、団体見学者が来ていたためにしばらく中に入る事ができません。

この団体と同じ行動していると見学が難しくなりそうなので、逆回りをすることにしました。

ちなみにこの1件目でも地図を配布しているため、コミュニティハウスで地図をもらってくる必要はありませんでした。

まず最初の庭は、くつろげるような空間をこしらえたものでした。
桂台地区1軒目

いたるところにテーブルセットがあり、家族や知人と庭で過ごせるような感じです。
桂台地区1軒目

2軒目は薔薇のアーチを通って庭へと入っていきます。
桂台地区2軒目
ここでは団体さんがいましたので、あまり奥まで行けませんでした。

3軒目は薔薇など多くの花を沢山育てていました。
桂台地区3軒目

4軒目は玄関先からして、相当作り込んでいる感じが伝わってきます。
桂台地区4軒目

もちろん中に入っても花々が綺麗に配置されていました。
桂台地区4軒目

桂台地区は数が減ってしまい、今年は4軒ほどになってしまったようでした。

青葉ヶ丘地区

午後からは庄戸・青葉ヶ丘地区を回ることにしたのですが、スタートするのが大変でした。

庄戸郵便局前に地図が貼りだしてあると書かれていましたが、郵便局前をくまなく探してもありません。

ネットにある唯一の説明を見直したところ「バス停から郵便局方面を目指し、郵便局前の野菜売り場前に会場の地図あり」となっていました。

思い込みで勘違いしていたと、斜め前にある直売所の周りを探してみるもやっぱり地図がない!

どういう事なんだと途方にくれながらも、「バス停から郵便局方面を目指し」の工程に何かあるのではとバス停まで行ってみました。

バス停から郵便局方面に向かったすぐ先で、案内板を持った方がいました。

その方に聞いてみたところ、「郵便局を過ぎて上っていったところに1軒目があるので行ってもらえばわかります。そこで地図をもらってください」との事。

「あの~地図の貼りだしは?」とつっこみたくなりましたが、ローカルなイベントではよくある事です。

言われた通りに進んで行くと、1軒目にたどり着きました。

やっとの思いでたどり着いたところ、さらにびっくりする事が起きました。

「地図いただきますね」と尋ねたところ、「タダじゃないのよ。手間が掛かっているのでいくらでも良いから募金して」と半ば強制的なニュアンスで注意するような物言いをされました。

そもそも地図は貼りだしとなっていたのに貼りだしてないし、バス停近くでの説明ではもらえると言っていたのに有料だなんて、「そりゃあんた詐欺だよ!こっちだって時間かけて来ているんだから」とは思いましたが、こういうバカはどこにでもいるので気にしない事としました。

来年以降行く方がいましたら、バカは無視して次に進みましょう。すぐ近くの別の家でも地図を配布しています。

①一軒目です。以降は地図にある番号にて説明していきます。
庄戸地区①

②2軒目では薔薇のアーチを抜けると、綺麗に刈りこまれた庭が広がっていました。
庄戸地区②

③ここも薔薇のアーチを抜けての庭になります。
庄戸地区③
こちらは薔薇を中心に多数の花が咲いていました。

前半の青葉ヶ丘地区に関しては、ルート上にこのような矢印がでているため迷わず助かります。
案内表示

庄戸地区1

④この庭はあまり樹木を多く植えずに、周りにある自然の山などを楽しむ場所になっていました。
庄戸地区④
奥には広い空間に椅子やBBQセットのようなものがありました。

⑤薔薇とテーブルセットがある庭が多いですね。
庄戸地区⑤

⑥草むらのような細道を抜けると、休憩スペースが現れます。
庄戸地区⑥
手前の草むらのように見える部分は、実は演出なのでしょうか?

⑦こちらでは鉢を使って薔薇などを多数栽培していました。
庄戸地区⑦

地面に植えてしまうと、薔薇などは土の管理が大変になるとの事でした。
庄戸地区⑦

⑧花々の中を抜けていくと
庄戸地区⑧

お洒落な喫茶スペースのような空間がありました。
庄戸地区⑧

また、窓際のバラの色と配置が素敵でした。
庄戸地区⑧

⑨デッキスペースが気持ちいいお庭でした。
庄戸地区⑨
愛犬も小さくてかわいげでした(我が家の猫より小さかった)

花壇のエリアにはドームアーチがあったりとお洒落な作りでした。
庄戸地区⑨

庄戸地区2

⑩花々の中を抜けていくと、
庄戸地区⑩

おしゃれなテーブル。そしてその奥に秘密の癒しスポットがあります。
庄戸地区⑩

⑪広々とした芝生が広がったお庭でした。
庄戸地区⑪

⑫庭だけでなく建物も自然と調和した作りとなっていました。
庄戸地区⑫

さらに庭にむかうと避暑地のような空間が広がっていました。
庄戸地区⑫
目の前には市民の森の一部が広がっています。

⑬玄関先から花にあふれていました。
庄戸地区⑬

奥にはレンガに囲まれた別の空間があります。
庄戸地区⑬

⑭芝生と花の庭に見えますが、
庄戸地区⑭
周りには沢山の柑橘類の木と、左手からは野菜が収穫できます。

⑮一見すると普通の花々の庭かと思っていると
庄戸地区⑮

奥の方は高い樹木が木陰を作っていました。
庄戸地区⑮

まわっている中で多くの方といろいろな話をさせていただきました。

もちろんお庭の事や花々の話しなどを主にさせてもらったのですが、私が普段行っているサイクリングに興味を持たれる方が多くいるのが印象的でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする