サイコンの取り付け場所を改良<ちょいネタ>

Brytonのサイコンを購入して一旦取り付け場所を設定したのですが、手前すぎて見にくいため改めて場所の検討をしてみました。

実用性を優先するか、見た目を優先するかなどで悩みましたが、バランスを取ったレイアウトにすることにしました。
サイコン台座

問題点

以前のLezyneサイコンではこのように、前にカメラがあるのでステムにサイコンを付けていました。
出来栄え2

新しいBrytonサイコンに標準で付いてくる台座とステムの形との相性が悪く、同じように取り付けると振動で位置が動いてしまい安定しません。

そこでトップキャップにサイコンを取り付けられるパーツを手に入れ、
トップキャップへサイコン

サイコンを取り付けてみました。
トップキャップにサイコン

ガタもなく取り付けに関しては問題なかったのですが、取り付け位置が後方になったため、サイコンを見るための視線の移動が大きくなってしまいました。

視線の移動が大きいと面倒なだけでなく、危険であったりします。

そこでもう少し何とかならないか検討してみました。

対策

視認性を優先するなら、初期に行っていた全てハンドル前に出してしまえば良いのですが、
現状上から
あまりにも不格好なために変更したので、このレイアウトは除外します。

市販されているパーツで対応できるものはないかと探してみたところ、
サイコン台座
このようなパーツが見つかりました。

これは左の輪の部分をコラムスペーサーと交換して使うことで、
サイコン台座

サイコンの取り付け位置を5cmほどオフセットできるものです。
新しいサイコン位置

カメラやサイクルコンピュータの取り付け用の各種レックマウント

これで従来のサイコンの位置と同等になり、かつ見た目も悪くないためしばらくこれで様子を見たいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする