猛暑の中のヒルクライム(足柄峠)

連日の猛暑の中、今日は足柄峠に向かいました。特に目的地とした理由はありませんが、途中にある夕日の滝に寄ろうかなんて考えました。

今回もロードバイク1号車にて、下記のルートにて走行。
https://www.strava.com/activities/1720479701

大雄山駅まで

いつものように江の島から134号線に入り走っていきますが、気温がサイコン計測で40℃であるためスローペースで走っている人が多かったですね。
134号線
ただし、私は気にせず40km/h弱で走行(少しは抑えて走ってます)。

暑すぎてアスファルトもうねっていて危ない!
アスファルトうねり
もちろん、今日なったわけでなく以前よりずっとこうですけど。

途中、追い越した後に必死に追走してくる人がいましたが、今日は速さではなく暑さの我慢比べになります。勝負は5分ほどで決しました。私は真夏でも平気で走っている人なので、暑さの中で走るのは慣れています。
追い抜いた人
※ちなみにこの写真の方は関係ありません。

海岸線も終わり、大磯の西湘バイパス下の日陰にていつも通り休憩しました。
湘南バイパス下

休憩後すぐ先の大磯港の駐車場前では大渋滞でした。右のメルセデスはしびれを切らして逆車線から迂回していました。
大磯港大渋滞

大磯港の端から、しばし太平洋岸自転車道を通ります。
太平洋岸自転車道

太平洋岸自転車道は海が見渡せ気持ちいいですよ。
太平洋岸自転車道

太平洋岸自転車道からは1号線を小田原方面に進み、酒匂川を過ぎたこの交差点を右折して720号線を進みます。
720号線への交差点

720号線から大雄山駅方面へ向かい、駅近くのコンビニで昼食とします(この先、飲食店が激減するため)。
コンビニエンス

昼食時に気になったドリンクを買って見ました!
気になったドリンク
残念ながら低刺激でした。ラムネードを少し酸っぱくした程度で、酸っぱい物が平気な私としては全く物足りないものでした(でもまあまあ美味しかったですよ)。

夕日の滝まで

足柄峠までは78号線を行くのが正規ルートですが、景色の良い狩川沿いで序盤進みます。狩川の様子を少しだけどうぞ。

御殿場大井線(通称:足柄街道)の78号線に入るとしばらくは傾斜も緩く楽に進めます。ただ、気温が44℃と厳しくなってきていました。
足柄街道序盤

途中から斜度が7%程度に上がっていきます。
7%斜度
猛暑の中で、私以外に唯一上っていた方です。無事にたどり着いたのだろうか・・・

斜度が徐々に増えながら、道は永遠と続くきます。
徐々に斜度UP

日陰も少なく40℃超えの中で日射病になる危険がでてきました。
日陰なき道

そこで次を左折し夕日の滝に寄って、涼んで行くことにしました。折角なので夕日の滝にも寄りたいですしね。夕日の滝入口

ただ、夕日の滝に行くためには足柄峠とは別に1kmも上らなければなりません。すっかり距離を忘れていました。
夕日の滝への道

やっとの思いで夕日の滝の手前に着きました。ここはキャンプ場になっていて、家族連れが沢山います。
キャンプ場

滝までは以前なら杉の根が張り出した道を気をつけながら進まなくてはならなかったのですが、今では道ができてお年寄りでも行くことができます。
滝までの道

滝つぼのまわりには岩がごろごろしているので、突起のあるビンディングシューズだと近くに寄るのは厳しいかもしれません(看板の位置からでも十分見れますけど)。
夕日の滝1
夕日の滝2

濡れてもよければ滝つぼで滝にうたれる事も可能です。
夕日の滝3

足柄峠&帰路

78号線に戻り、残り3km強を上り始めます。ただ、ここからはず~っと10%超えの斜度が続くため厳しさが増します。
足柄街道後半

特にコーナーのイン側は強烈な斜度になっているため、自動車がきていなければ中央線まで膨らんでクリアしていきます。
足柄街道後半2
幸いにも厳しい箇所で自動車が来なかったため助かりました。

何とか上りきり足柄万葉公園に着きました。
足柄万葉公園

足柄万葉公園は自然公園なので、林道があるだけです。途中、和歌が刻まれた石碑があるようですが他に何もありません(45分で一周できるので歩いてみたいと思っています)。
足柄万葉公園入口

更にもう少し上ると、足柄峠となります。足柄城跡への登り口もここにあります。
足柄峠

足柄城跡には石碑があるのみで、原っぱが広がっています。
足柄城跡

城跡の少し先から御殿場市街や富士山が見渡せるのですが、霞んでいることが多くこの日も見えませんでした。
見晴らし

さて、ここでこの先のルートに悩みました。当初の予定では反対側の御殿場線の足柄駅に下りて、箱根を上って帰ろうかと考えていました。ただ、あまりの猛暑に体力の消耗が激しいために安全を見て引き返す事としました。

帰路では酒匂川へ出て、川沿いのサイクリングコースを下ります。ここは平坦で道幅も狭いのですが、歩行者も少なく川沿いなのに松並木があったりとちょっと変わった雰囲気のコースです。少しですがコースの雰囲気をご覧ください。

酒匂川を走り終える頃には、結構疲れてペースダウンしていました。足柄峠から反対側に下りなくて本当に良かった。下りていたら今頃ボロボロだったでしょう。

ボトルは1本持ちのために今まで真水を買ったことがなかったけれど、流石の暑さに水を買い一部を頭から掛けてみました。クゥ~ってくる冷たさで癖になりそうです
休憩

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする